FC2ブログ
画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えなくてもおなじこと・・

近、つくづく、見えるタイプでなくて良かったと思う。

ひとつには、見えたものを信じてしまうということがある。

現象としておきたことでさえ、わけがわからないことで、

これが、自分。あるいは、自分の因縁あるいは、憑き物(自身の欲というべきか)

のしわざで、基はすべて自分にあるとわかるまで、とうぶんかかった。

だから、例えば幽霊がみえるとかいうのも、

ひとつには、自分の中の「恨みとか?」が引き寄せているものでしかないのではないかと思う。

だから、怒れば、鬼がよってくるだろうし、

うらめば幽霊がよってくるだろう。

怪訝な思いをもっていれば妖怪がよってくるかもしれない。

これが、みえると、

まあ、恐ろしいだろう。

次に、自分の思いをいちいちみせられて

ノイローゼになる。

普通でも、精神?脳は自分の思いをしのごのしてくるというのに、

眼にみえて、象徴するものとしてみせてきたとする。

憂生なんざ、めのまえ化け物のオンパレードになってるんだろう/大笑

こう思うと、見えないのがよいのだろう。

綺麗で美しくたって、やっぱり、憑き物には代わりが無い。

何も見えないってのが、本来だろう。

だけど、この見える力を外側にばかり原因があって、

見せられるのだと考えていたらちょっと、やばい。

自分の中にそれらをよびよせる「なにか」がある。

この「本心」をみつけるのが、

なかなか、難しいものだと思う昨今である。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5072位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2431位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。