画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

倭の基の意味を探る。

*常世の国からの波というのが、霊能力者某氏のいう

伊勢神宮外宮のエネルギーの柱から来るものだと思う。

元伊勢にあたる籠神社においての

真の御柱の存在はどうあるのか?が、きになっている。

はごいたの原理でなにもないか?

はごいた星ともいわれる、明けの明星が、

にぎはやひではないかとおもっているが・・・。

ここにおいて、

籠神社がアマテラスの忌み名をもっていることがわかるんだけど、

にぎはやひがまつられたという意味合いが

「裏神道」「裏天皇」などの動きをほうじさせているが、

これは、

「裏は裏にありてこそ、裏である」

はごいたをかんがえてくれればわかる。

裏は裏の使命がある。

みさきをとばしはじめて、

うごこうとしていたものがいるので、

気になるので、一言。

(ミサキの大物?である、ヤタガラス関連の記事を下に貼り付けておく。)

賀茂別雷命(かもわけいかづちのみこと)は、神道 である。賀茂別雷神社 (上賀茂神社)の祭神 であり、各地の加茂神社 (賀茂神社・鴨神社)で祀られる。

記紀神話 には登場しない。『山城国風土記 』逸文には、賀茂別雷命について次のような記述がある。賀茂建角身命 の娘の玉依日売 が石川の瀬見の小川(鴨川 )で遊んでいたところ、川上から丹塗矢が流れてきた。それを持ち帰って寝床の近くに置いたところ玉依日売は懐妊し、男の子が生まれた。これが賀茂別雷命である。賀茂別雷命が成人し、その祝宴の席で賀茂建角身命が「お前のお父さんにもこの酒をあげなさい」と言ったところ、賀茂別雷命は屋根を突き抜け天に昇っていったので、この子の父が神であることがわかったという。丹塗矢の正体は乙訓神社 の火雷神であったという。

なお、賀茂別雷命の出生についての話と同様の話が『古事記 』(大物主神比売多多良伊須気余理比売 )や『秦氏本系帳』(阿礼乎止女と大山咋神 )にもあり、特に後者の話と混同されて、「賀茂別雷命の父は松尾大社 の大山咋神である」とする話も流布している。

神名の「ワケ」は「若い」の意であり、「若々しい力に満ちた雷の神」という意味になる。

本地仏釈迦如来 もしくは観音菩薩 である。『賀茂之本地』では阿遅鉏高日子根神 と同一視されている。


賀茂御祖神社(かもみおやじんじゃ)は、京都市 左京区 にある神社 である。通称下鴨神社(しもがもじんじゃ)。式内社山城国 一宮二十二社 の一社で、旧社格は官幣大社。

賀茂別雷神社 (上賀茂神社)とともに古代の賀茂氏氏神 を祀る神社であり、賀茂神社 (賀茂社)と総称され、両社をもって一社のような扱いをされてきた。賀茂神社両社の祭事である賀茂祭(通称葵祭 )で有名である。

上賀茂神社の祭神である賀茂別雷命 の母の玉依姫命 と玉依姫命の父の賀茂建角身命 を祀ることから「賀茂御祖神社」と呼ばれる。八咫烏 は賀茂建角身命の化身である。

八咫烏(やたがらす、やたのからす)は、日本神話 で、神武東征 の際に、タカミムスビ によって神武天皇 の元に遣わされ、熊野国 から大和国 への道案内をしたとされる である。一般的に三本足のカラスとして知られ古くよりその姿絵が伝わるが、3本足と明記された史料はない。

弓弦羽神社 の八咫烏

熊野三山 において烏はミサキ 神(死霊が鎮められたもの。神使 )として信仰されており、日本神話に登場する八咫烏は単なる烏ではなく太陽の化身と考えられ、信仰に関連するものと考えられている。近世 以前によく起請文として使われていた熊野の牛玉宝印 (ごおうほういん)には烏が描かれている。

新撰姓氏録 』では、八咫烏はカミムスビ の曾孫である賀茂建角身命 (かもたけつのみのみこと)の化身であり、その後鴨県主(かものあがたぬし)の祖となったとする。奈良県 宇陀市 榛原区の八咫烏神社 は賀茂建角身命を祭神としている。

(あた)は長さの単位で、親指と人差指を広げた長さ(約18センチメートル )のことであるが、ここでいう八咫は単に「大きい」という意味である。

戦国時代には、紀伊国雑賀衆 を治めた鈴木家 の旗ともなっている。

金鵄との関係

八咫烏は『日本書紀 』や『古事記 』に登場するが、『日本書紀 』には、やはり神武東征の場面で、金鵄 (金色のトビ )が登場する。金鵄は、長髄彦 との戦いで神武天皇を助けたとされる。

八咫烏と金鵄は、しばしば同一視ないし混同される。

三本足の意味

月岡芳年大日本名将鑑 」より「神武天皇」。シーンは金鵄のものだが、黒い「金鵄」が描かれている。

いくつか言われており、「宇井 」「鈴木 」「榎本 」という熊野地方で勢力を誇った熊野三党を表しているという説や、 熊野本宮大社の主祭神である家津美御子大神(けつみみこのおおかみ)の 御神徳「智」「仁」「勇」の三徳であるという説があり、 また、「天」「地」「人」を表すとも言われている。

シンボルマーク

現代では、日本サッカー協会シンボルマーク にも用いられている。これは、東京高等師範学校東京教育大学 を経た、現在の筑波大学 )の漢文学者 であり、日本サッカー協会の創設に尽力した内野台嶺 らの発案を基に、日本に初めて近代サッカーを紹介した中村覚之助内野台嶺東京高等師範学校 の先輩でもある)に敬意を表し、出身地である那智勝浦町 にある熊野那智大社 の八咫烏をデザインした物であり、1931年 に採用された(podcast:ギリシャ神話と日本の神話(4)/eureka!より)。

このデザインが用いられているのは主として以下の通り。

  • 協会旗
  • 日本代表チームの紋章
  • Jリーグ 優勝チームを示す、ユニフォームのワッペン(上部にJリーグのシンボルマーク)
  • 天皇杯 優勝チームを示す、ユニフォームのワッペン(上部にEの文字)
  • 同一年度にJリーグ・天皇杯の双方に優勝したチームを示す、ユニフォームのワッペン(上部に金の星)※過去に2001年・2008年シーズンの鹿島アントラーズ 、2007年シーズンの浦和レッドダイヤモンズ のみが使用。
  • 日本サッカー協会公認審判員のワッペン

サッカー関連以外では、次のようなものがある。

陸上自衛隊 中央情報隊 シンボルマーク

太陽の中に描かれた三足烏。高句麗 の壁画。左は 、右は鳳凰

3本足の鳥の神話は、世界に広がっており、太陽 と関連付けられている場合が多い。黒い烏は太陽の黒点 を表しているという説もある。

中国・高句麗

詳細は「火烏 」を参照

淮南子 』に「昔、広々とした東海のほとりに扶桑の神樹があり、10羽の三足烏が住んでいた……」と見える。この10羽の3本足の烏が順番に空に上がり、口から火を吐き出すと太陽になるという。 また「日中有烏 而月中有蟾蜍」との記述もあり中国の3本足烏は太陽そのものの象徴であった。『芸文類聚』にも記述されている。

高句麗 では天孫の象徴であるとされ、古墳 壁画 にも3本足の烏三足烏 が描かれている。

ギリシャ神話

太陽神 アポローン の烏。本来白かったが、後にアポローンの怒りを買い黒くなった。からす座 のからすはこの烏とされ、古い星座絵図の中には3本足で描かれている物もある。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2767位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。