画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷心のまま・・・。

いつだったか。モグラをたすけた。

だれ?

しってる!親指姫のはなしでしょ?なんていってるの。

話がちが~~う。

近くのどぶ川をぼしゃぼしゃもがきながら流されてる生き物を

網でひっぱりあげたら、もぐらだったんだ。

で、早速。

プラスチック容器に土を入れてかうことにした。

まあ、しかし、モグラの毛並みって

本当にビロードのようにしなやかでうっとりするよ。

さわって、びっくりしたよ。

まあ、そんなことはどうでもいい。

問題はえさだ。

う~~ん。

考えた挙句近くの畑に行ってミミズをほらさせてもらうことにした。

それで、しばらくはよかったんだけど、連日ミミズをほりにいくもんだから、

畑のおじさんがいやがりはじめてさ。

(そりゃ、そうだよな)

で、かんがえたのが、豚バラ肉を細く切ってやることにしたんだ。

でも、なあ、結構大食漢なんだよな。

一抹の不安は懐との相談だよ。

まあ、それでも、かっていたんだ。

すると、こんなときって来訪者がおおいもんでね。

今度は小さなはたねずみをつかまえたんだ。

なんとなく外見もにてるし?

モグラも一人じゃ遊び相手がいなくて、つまらなかろうって、なもんで、

モグラのケースにねずみを同居させてやることにしたんだ。

ところが、憂生の優しい思いやりにはんして・・。

「あれ?ねずみがいない?」

にげれるわけがない。

で、さがしてみたよ。土の中にもぐったかなって?

「げ~~~~~~~~~~」

あったのは、ねずみの死体の一部。

も、モ、も、もぐらさん?

はい?

え?

あんた、お友達をたべちゃったのお~~~~?

でも、そのモグラも近所の子供 がみせてって言ったから

ケースごとわたしてみせてたら、あきちゃったのか、

そのまま、外にほうりだして、かえちゃったんだ。

だけならいいんだ。

そばにおいてあったバケツにモグラを入れ替えて

(土にもぐられないように)そのまま・・。

憂生が気が付いたときにはモグラは成仏さ。

お日様にあたると死ぬって本当だったんだね。

それとも、お友達を食ったたたり?

まあ、なんにせよ豚バラ肉で散財せずにすむようになった。

やっぱ、お日様の下をまっとうに歩けないものは、

こっちにもろくなめいわくしかかけないようである。

懐の痛手はそれで、すんだけど。

残虐殺チュウを目撃した精神的痛手は今も・・。

あ~~こわ。

憂生のかんがえなし。ばか。

今もこの胸にささったままさ。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2306位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。