画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスは偉大な師匠?

リスもかっていた。

番でかっていた。

業務用のラップ の芯をねぐらにしていた2匹は

やがて、とても可愛い3匹の子リスをうんだ。

尻尾はふくらんでなくて、亀みたいに両手両足をひろげていたけど、ゲージがおおきいせいで、よく下に落っこちてしまうのをひろいあげてやったもんだ。

いつものように子リスを拾い上げてると、近所のおばさんがうわさを聞きつけてリスを見せてとやってきた。

「かわいいね~~。尻尾まだふくらんでないんだねえ~~」

「うん」

「ふ-ん。いつ、卵からかえったの?」

「・・・・」

憂生は優しい人間だった。

「あの、ラップの芯の中でうまれたから、よくみえなかった」

ときとして、事実にふれないほうがいいということもある。

リスの子は可愛さとともに憂生に人との付き合い方も伝授してくれた。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7923位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2863位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。