画像1 画像2 画像3 画像4

え?土星環?

生命線から人差し指に伸びる向上線?は次第にくっきりとしてきた。

人差し指の下のスクエア?も健在。

さて、さて・・。

なにか、かわったところはないか?

と、手を眺め回していると・・・・。

なんじゃあああああ?こりゃ?

と、思ったのが左手の中指の辺り。

中指の両側の麓から、運命線にむけて斜めの線がおりている。

で、憂生の運命線というのが、中指の下1cmくらいの地点で二股になっている。

麓からの斜め線が丁度、その補佐線のようにも見える。

最初に頭によぎったのは、ソロモンの環のこと。

変形ソロモン線とも捉えられる縦線がはいり、これは、障害線でなく、

運命線が飛び込んだもので、ソロモンの環ととれるという説。

このことから、中指の下の斜め線も、土星環の変形?と思った。

土星環については、あまり、よい話はきいていない。

最悪の人生、運命をたどる・・・とか・・・。

ところが、この斜め線を横線ではないし、運命線を補佐するために

斜めになったと考えると縦線とも取れる。

縦線になると、土星環とは違い、なにかしら、良さ気なことが書かれている。

縦線は丘の持つ意味を強めるとか・・・。

で、丘の意味をしらべにいってきました。

すると、労働、忍耐、思慮、克己心、自制心・・・・

むむむ・・・むつかしい言葉が並ぶじゃないか?

判りにくいので、さらに調べてきました。

土星丘です。ここは、忍耐と感情の制御力を現し自己を客観的にみる能力を現し ...

土星の丘に縦線が入っていると逆境に強いといわれます。

ふむ・・・。

少し判った気がしたのですが・・・。

逆を言えば、忍耐したり、感情を統制したり・・しなきゃならない場面に遭遇しやすい?

もっと、いえば、逆境に強い?

弱いよりいいけど、逆境に遭遇するから、こういう線がでてくると、考えたら

土星環も縦線もあんまり、意味は変わらない。

ようは、あんまりよくないよな?

おまけを言えば、逆境に強いというのより、もう一歩進んだ

一説にピンチの時に逆に成功をつかむ?とも言われる火星環が右手にある。

よほど、ピンチ・逆境にたたされるのかと、笑いだしたくなるのであるが・・・。

さらに言えば、神秘十字・手の平部分のスクエアなどなんとか、ピンチを緩和する?

乗り切れる守護?みたいなものもある。

こう、考えると、土星丘の斜め線は暗雲?

こういう解釈しかできないのか?

と、思い、ほかをあたってみた。

すると、あの手相の大御所であるお方の一文。

大御所様は骨身を削ってのことであり、文書を持って行ってくれるなとのことで、

ひっぱって、来るわけにいかないので・・・。

リンクしておきます。

土星環

で、読みに行ってきてくれたものとして書きます。

この大御所さま自体が土星環をもっていたように記憶します。

すると、「普通の人には出せない味を出すことができる為、一部の人から熱狂的支持を受ける可能性もあるとのことです」(ここ、まんま、コピーです。すんません)はそのまま、大御所さまにあてはまるわけです。

そして、土星環は特殊な性格を有すことをあらわす相ともかかれていて、

大御所さまの性格ははっきりしませんが、手相を語るとき、どちらかというと、生真面目な硬い感じをうけたのですが、魚紋のことをプライベートに書かれていたとき、笑い転げてよんだ覚えがあります。

こういうとこも、普通の人に出せない味、意外性などにも通じていると思えます。

一方、憂生自身を言えば、

かなり・・特殊な性格であるのはまちがいなく、芸術や文学で特殊な味をだせるなら、

物書きとしては、これは、喜べる線ではないか?

こんなことを調べるために、ネットを検索していますと、

手相家でもなんでもない憂生の占い日記が結構、上位のページ(検索の言葉によりましょうが・・)2ページ目だったかな?

に、でていたりして、・・・・。

「おい!」観たことあると思ったら、自分かよ・・・ってなことがあったんですが、

これもひょっとすると、

特殊な味をだせていたからかもしれない。

と、むりやり、あてはめますと、土星環も土星丘の縦線も悪い意味じゃないのかもしれんぞ。

と、密かにほっとしています。

で、大御所さまもこの土星環については、非常に個性的な性格であると書かれているのですが、

憂生は土星環がもつ、暗いイメージについては、むしろ、その通りだと思います。

かなりの苦労?や(精神的苦労も含め)艱難辛苦ってなものがあって、

これを忍耐、思慮、克己心、自制心(土星丘の持つ意味)でのりこえ、時にへこたれ・・・。

そんな事があったからこそ、

「普通の人には出せない味を出すことができる」ように、なれるのではないでしょかね?

そう考えると、

土星環のもつ暗い意味・・があってこそ、「普通の人には出せない味を出すことができる」

同じ意味じゃないでしょか?

だとしたら、土星環があろうと、くじけず、がんばっていける忍耐、思慮、克己心、自制心があり、いずれ、それが、自分の運命を切り開く・・・。

と、まあ、こう言う風に考えれば、ゴールの先にあるものは良いものでしょ?

だいたい、「環」=「和」を持ってる相が悪いことに成るはずはない。

と、おもってしまうのは、

憂生の歴史を齧ってみるのほうからの影響かな?


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
4895位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1806位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク