画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

単純思考

言霊については、

何度か、かいたのですが、

ある、別の見解ですね。


一言いわれたことが、

何年か後に、本当になる。


と、いうのがあるわけです。


これを実は、

予知だとかんがえていたふしがあったわけです。


が、どうも、ちがうなとおもえることがいくつかあったわけです。


それは、予知ではなく、


言霊だったと考えている昨今です。


本当はぜんぜん、違うことになるところを、

言霊をかけて、かえる。


言霊を受けるのは、

実は『魂』なわけです。


ですから、魂が、言霊とおりになるように、

差配していくわけです。



つまり、悪い因縁を切り替えていく。


と、いう不思議な事がおきるわけです。



このあたりの詳しいことは、

かなり複雑で、プライベートの範疇になりますので、

具体的にははなせないのですが、


物語り:白蛇抄のなかでもあつかっているのですが、

思えば成る。

なって欲しくないことを言葉にすると、

確約がはじまる。


こういうものなのです。


あれは、だめだ。

と、思い、それを口にだせば、そうなる。

逆に

あれはだめだ。

と、おもっていても、

大丈夫。良いよ。と口に出せば良くなる。


こういうことがあるわけで、

物事、どこかで、うまくきりかわれるものをもっていながら、

まわりの物言いで、良くなることもつぶすという怖さがあることを

かんがえなきゃいけないなとおもうわけです。


簡単なたとえでいけば、何度か引き合いに出してる

地震直後のアナウンサーのインタビューですね。


一人の女子中学生の心に

生きる希望をもたせていくか、

PSTDをもたらすか。


たった、一言なのです。


今の世の中、白黒はっきりつけたがり、

裁判式に人をさばくかのような、評価をつける方がいらっしゃいますが、

(憂生も時々やりますが・・鞆のこととか・・・)


やはり、個人に対する思い方、言葉の出し方は、

わるいものじゃいけないとおもうわけです。

そのとおりになっちゃうから。


だめだなとおもっていても、

0.1%も可能性がなくても、

大丈夫といっておくべきなのだとおもいますね。



それが、

大丈夫になっていく不思議なわけなのですが、

今の日本人、そこらへん、わすれているというのかな。


キリスト教のことでもかきましたが、

神や仏や云々でなくて、

自分がかえていってしまってるものなのです。



そこをきがつかず、

悪口をいってる人をみると、

自分も悪くなるほうに加担しているんだということが、

わかっていないんだなとおもいます。


自分には、責任がないって、やつですね。


でも、スピリチュアルをしってるかたなら、

ぴんとくるのではないでしょうか?


此処で私が悲しんだら

地球の浄化を遅らせる・・とか?



連鎖てきに、まわりまわってくるものですから、

そいつが悪い。

と、なったら、

そいつを悪くさせてる自分がいるし、

少なくとも、良くさせることができる、模範的な

見本になるような、示唆的な生き方をしてないせいでしょう。


自分はそこまでする必要はないと、(できる、できないにかかわらず)

かんがえるのなら、

悪口もいう権利もないという逆定理もでてくるわけで。



ま、単純に、

良いものは、良い結果を生む。


それだけなんですけどね。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2582位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。