FC2ブログ
画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成猫の捨て猫?

捨て猫の保護をするべきか、しないべきか、などと論議している場合でない。

まず、健全?な野良猫を保護することは不可能であり、余計なおせっかいなわけだから、

猫を拾うことが可能な場合は、

人なれしている。

あるいは、人の手がなければ、死ぬ。

あるいは、キャリーなどにいれられて遺棄されている場合。

などであろう。

まず、前者ふたつは前猫。前前猫にあてはまる。

目のあいてない仔猫を3時間おきに細かくちぎったパンにミルクを浸し、手のひらにのせて、吸わせる。

が、前々猫。

裏の畑のわら束でみゃーみゃー悲痛な声で鳴いているのをひろいあげたら、

非常におとなしかった。

基本、野良猫・捨て猫はひろわない。

で、前猫は、おとなしかった上に、大きさは2ヶ月くらいか・・。

24時間以上なきつづけ、親も近くにいないようで、

拾い上げた時、まだ、餌をたべることができないと、おもえた。

食べれるようになったら、リリースすべきだろうが、が、3年たった後に自主リリース決行のアクシデントがおきた。

つまるところ、行方不明である。


仔猫の場合、割と、保護しやすいのであるが、問題になるのは、

成猫の場合だと思う。

これが、

最後のキャリー等にいれられて捨てられてる場合である。

飼い主からみて、「いいこ」なのであろう。

いいこだから、きっとひろってもらえると思うのだろう。

拾うほうも、キャリーにはいってるくらいだから、

まあ、おとなしいと判断するだろう。

野良猫などまかりまちがえて、キャリーにいれ(られ)たら、大暴れにあばれまくるんじゃないだろうか?

そこで、拾い主はまず、猫の検査をしにいかなきゃならない。

もしも、猫エイズだったりしたら、たいへんなことになり、

獣医じゃないので、判らないが、

保健所にもっていくことをすすめられるのかもしれない。

そして、たとえ、健康体であったとしても、

猫のほうは、かなりのパニックをおこしている。

すでに、飼い主がいなくなり、キャリーに詰められ、放置され

見知らぬ人間に拉致され・・・・

これまた、見知らぬ人間が注射をうったり、直腸検温したり、

放置後の状況によっても、糞にまみれていれば、

洗ってやらねばなるまい。

これだけの恐怖体験がいっぺんにやってきて・・・。

拾い主になつくだろうか?

迷い猫でさえ、パニックをおこし、飼い主を認識できないことがあるという。

捨てられた成猫が、心身ともにまいるのは目にみえるようである。

捨て猫が拾い主に心をひらくようになるまで、

1年以上かかるともいわれている。

うえに、更なる恐怖をあじあわせているのだから、

もっと、かかるかもしれない。

うっかりさわれば、威嚇くらいなら、まだしも、

噛掻は当然ありえるだろう。

そこで、

拾い主の心構えがいる。

「びびってしまわないこと」

「今はまだ、こわがってるんだ」

「大丈夫、馴れる」

の三つだろう。


時間をかける。

あせらないこと。

声をかける。

このみっつだと思う。

猫にひっかかれたという人の多くは

びびって、

手をひっこめたりして、

ひかっからせてる場合もありえる。

甘噛に近い威嚇噛であっても、

手をひっこめれば、傷ができる。

じっとしておいて、「噛んじゃだめだよ」

などとおしえていくしかなく、

拾い主には、敵意がないこと、

なにもしないことをしらせていかなければなるまい。

一概に、それで、大丈夫などとは、いえないが

深い傷になるばあいもありえるので、それが、正解かとおもってもらっても困るが

そういう覚悟を持っておかなきゃ成らないと思う。

この一番、判りやすい例が、

風の谷のナウシカの1シーンだろう。

怯える狐リスに指をかまれながら、

手をうごかさず、

「大丈夫。怖くない」

すると、狐リスは噛むのをやめる・・。

これは、動物の扱い・心理に非常に精通しているシーンであると思う。

そういう覚悟をして、かつ、時間をかけて、

なかなかなつかないのをこらえて・・。

そこまでする人間など、なかなかいないわけで、

そこまでする人間は自宅にすでに動物を保護していて、

逆にこっちが助けて欲しいってな、状態になってるだろう。

それでも、成猫を保護しようという方もいるわけだし、

簡単にかんがえて、つれてかえったものの、

唸る、シャアシャアいいまくる、怖くてしかたがない。

など、あきらめてしまう、挫折してしまう人もいるだろう。

この状態になってしまって、

新たなる飼い主など、みつける自信もなかろう。

「ふ~ふ~おこる猫で、かみつくかもしれません。なつかないかもしれないですが、かってくださいませんか?」

いらん、だろ?普通。

よっぽど、根気がいるわけだからね。

だから、そこらへん、よ~~く考えてほしい。

ますます、人間不信の猫をつくっちゃどうにもならなくなるわけだから・・。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1275位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。