画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒートするのは、人間のほう?

猫の発情については、

すこし、かきましたが、

今度は犬です。


猫のような、スプレーがないかといえば、

あります。


一時、子犬を預かった事があり、

成長してから、ペットホテルの予約が取れない状態で

急にでなければならなくなったので、頼めるかということがあり、

「猫がいるが、かまわぬか?」

「ゲージも渡す」

「判った」

「あ、テーブルの足とかにおしっこかけるから、気をつけてください」

『ニャニ?』

「判った。気をつける」



これも、一種、スプレー行動なわけですが、

この犬、今はどうしているかといえば、

独身のれっきとした雄わんこなわけです。


つまり、去勢してないそうで・・・。


で、発情しないかというとそうはいかないわけで・・・。


おんにゃのこがわりのクッションなどに猛然とタックルするそうで、

家族、みんなで、「がんばれ~~~」と応援しているという

なんというか、ほのぼのとしてるというか、

去勢しない以上、そんな行動で解消するしかないわんこを

いやな目で見ず、かといって、かわいそうという見方でもなく。

去勢しない自然状態のまま、家族として暮らすというのも、

ありかな?


と、思われるものでした。


まあ、犬を迎えにいったとき、ちらりとみましたが、

床はフローリングなわけです。


おしっこなどしても、直、ふきとれるし、

庭に出られるようになっていて、

そこに、犬用の広い柵があるわけです。


基本的にはトイレも外にいくようですが、

生活スタイルはテーブルに椅子という具合のものですから、

家の中でマーキングするポイントといえば、テーブルの足とか?くらいでしょう。


ところが和風建築の家は柱があったり、畳がしいてあったり、床には座布団、


食卓は飛び上がれる高さ。

畳の上に物がおいてあったり、猫でなくても、なんでも手が届く。

そして、猫のようにトイレでするというパターンをなかなか、おぼえないのが、犬のわけですから、

片足をあげるようになったら、それこそ、どこがターゲットになるか。


畳にしみこんでしまうし、カーペットも同様。

犬の場合は去勢以前の問題のような気がしますし、

多頭飼いでない場合、あまりきにしなくてもよいようにみえます。

(犬の個性にもよるし、小型犬の場合でしょうが)


むしろ、女の子のほうが、たいへんなようで、月経などあるようですが、

猫のほうは、みかけたおぼえがありません。


こういうあたりで、スプレーしない、月経の手当てをしなくて良い牝の猫が飼いやすいといわれるのかもしれません。


また、預かってみたのですが、とにかく、愛想が良い。

舐める・・・。

これが、困りもので、ゲージからだされていたとき、うっかり転寝でもしたら、

よってきて、顔じゅうなめまくるわけです。


猫のほうは、どちらかというと、淡白ですが、犬はこちらの姿をみたら、ちぎれんばかりに尻尾をふって、

よってきて、べろべろべろ・・・・。


自宅で、自営業をやってますとこれは、すこし、「かまって」やれないぞ。

猫のパソコンふんづけもこまったものですが、

〈この間もどこをふんだのか、表示がおかしくなっていて、なおすのに、てまをくいました)

トイレの世話、散歩など、猫よりてまがかかるのに、

まだ、「かまって」

もっと「かまって」


犬種によるのかもしれませんが、犬はかえないとおもいました。


犬はだいぶかいましたが、全部室外、犬小屋に鎖、もしくは、大きなゲージという状態だったのです。

小型犬をかったことがなく、もちろん、室内で飼うということもありませんでした。


チワワを起用したCMが火付け役で、小型犬を飼う人がふえてきたということですが、

一方で、アパートなどの貸家は、犬は良いが猫はだめ。と、言うところが多く

犬を飼う人がふえたということで、

実際、その犬の飼い主も家主の許可がおりず、犬をかったそうですが、

本当は猫をかいたかったそうですが、

家にいる時間が長いため、逆にあいその良い犬のほうが、きにいってしまったようです。


散歩などで、外にでる機会もできますし、猫をかっていたら、

家にこもってしまい、用事以外は外にでないということもありえたかもしれないぶん、

お日さまや風のそよぎを共有できる散歩相手がいるというのが、

犬の一番よいところかもしれません。


(チワワなどは骨格が弱く、散歩しなくても良いからと飼育される場合もあるので、いちがいにいえませんが・・)


預かった頃の子犬です。

ヨークシャーテリアですね。

賢くて、お金持ちの家で鼠をとるために飼育されたのが元らしいのですが、

おおきくなると、床まで毛がのびる、モップのような犬です。

おまけに、伸びた毛色がシルバーにかわるようにきいていますが、

今は、どうなってるのでしょうね・・。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
9121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3784位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。