画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覚悟はあるか♪誠もあるか~~♪

黒魔術で、復縁ができる・・・などという記事をよんできて、

実に複雑な気分です。

本来、夫婦になる縁というのは、

いろいろ、あるわけです。

古い言い方ですが、

「その人の所にくるお嫁さんはその家・その人の因縁を納める事が出来る人がくる」

と、いうものですし、

逆を言えば、「その人」に見合った人がくるわけです。

また、その人のもつ因縁や嫁さんの持つ因縁などが、

複雑にからんでしまい、良くない結果になることがわかる時があるわけです。


たとえばですが、

父母が離婚していると、自分達夫婦も離婚するか、心通わぬ夫婦(心的離婚)になるか。

と、いう因縁があるわけです。

そんな人と縁が出来る人は、やはり、離婚する原因になる性格や行動やアクシデントがおこりやすい人が添う形になりやすいのです。

ですから、どういう因縁や環境を持っている人が復縁をしたのか、わかりませんが、

ひょっとすると、自分ではなく、相手の因縁に引っ張られてる場合もあり、

守護霊とか?魂とか?こういうものの加勢でうまく分かれさせられていたのかもしれないわけです。


これを自分の気持ちで引っ張りなおしたわけですが、

「誠」の思いとは、認めがたいでしょう。

「自分がそうしたいから、相手の本心からでなく、黒魔術にたよって、復縁した」

言い方は悪いですが、手段かまわぬ、暴君なわけです。

こういう「因縁」をつくったわけです(思いが因縁になります)

それにひきよせられた・・・。

相手は、その因縁をみせてくるかもしれません。


手段かまわぬ、暴君を内在しているかもしれません。

この時に「誠」の思いでなければ、

「自分がそうしたいから、黒魔術に頼って、離縁する」のでしょうね。

相手を人とも思わぬ、自分勝手な行動でしかないようにおもえてしかたがないのです。

そんなロール・コントロールをおこなっていますが、

自分の思い方が「誠心誠意」であるか。

何度も書きますが

「自分が本物になれば、それに見合った相手が添う」

わけです。

復縁された方が「何に見合った相手」なのか・・。

手段かまわぬ、暴君に見合った相手でないことを祈るばかりです。

何度も書きますが、

自分の都合のいいようにするために

神頼みやお守りをもとうとする考え方はきらいなわけです。

何故、そうなっているかを自己模索することのほうがたいせつなわけで、

そこを直していけば、

本当におもっているのなら、本当におもわれるようになるし、

そうでなければ、やっぱり、縁がきれるわけです。

別れたことが、辛いのは、わかりますが、

それで良かったというのは、わかりにくいものです。

奇妙な操作で結ばれた縁であっても、

深い絆にすることはできるとは、おもいますが、

困難な因縁があり、不幸のどんぞこにおちいることになっても、

そこを納所していくことができる相手の場合、

あるいは、。誠の思いをもっていると、魂がひとつになります。


残念ながら、憂生はそういう事までわかりませんが、

困難をのりこえていけるのも、結局、「本当に相手を思う」からなわけですから、

やっぱり、

奇妙な手段で・・というのは、どうかとおもうわけですし、

相手にとって、自分が良い相手かどうか、良い思い方であるかを

詮議していく事が先なのだとおもいます。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2519位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。