画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言霊と思霊と・・

銀狼をかきながら、追従していることのひとつが見えてくる。

言葉のエネルギーが発動するというのが、言霊であるとするならば、

思いのエネルギーが発動するというのが、思霊であろう。

と、いう部分であるが・・・。

知らずに思ったというべきか、

感情にふりまわされてしまったというべきか、

「マイナス」な思いが発動するということがおうおうにしてある。

以前の日記でかいたことであるが、

「自分を苛めるものは、人にも苛められる。自分が苛めて良いような人間など、人がいじめて当然である」

と、いう極論を書いた。

様々な霊現象にみまわれたある女の子も、

「どうせ、自分なんか」という自分を苛めた思いをもっていた。

現象(苛められる・よくないことがおきる)がおきても、まさか、その原因が自分の思いであったとは気がつかないで居る。

よく、ひきよせの法則とか?(まともに読んでないので、言葉しかしらないので、意味あいがちがうかもしれない)

ハウツーとして、幸せになる方法として、語られているが、

ようは、上のことを応用しているのだとは思う。

ところが、ちっとも、引き寄せがうまくいかない。

と、言う場合が在る。

それは、なぜかというと、

「当て込んだ思い」「打算的な思い」であるからではないだろうか?

まさか、その原因が自分の思いであるとは気がつかない。

と、いうほどに、

「思い」の質を鑑みない。

憂生が引き寄せという考え方が嫌いなのは、引き寄せの根本が、「当て込んだ思い」であるわけで、

これも、お登勢のラストに書いている。

表現が違うが・・・。

*情けは人のためならずという。

情けをかければ、いずれ、それが自分に帰ってくるという意味だけど、

自分に良い結果が帰ってこないということは、

自分の思いが本物でなかったせいだ。*

ようは、自分が本物の思いをもつということがだいじなわけで、

情けがかえってこないかな?

良い事が帰ってこないかな?

こうすれば良くなるんだ。

などは、すでに思いが濁っている。

と、なると、「自分の思いがどうであろうか?」という詮議のほうが大事なわけで。

そこを忘れて、パワーを貰いたいとか、幸せを引き寄せるんだとか、では、

当て込んだ思いが、思霊になって発動するかもしれない。

もちろん、その結果についても、本人は

その「思い」のせいであると、きがつかずにいるんだから、幸せかもしれない。

あるいは、そこだけを取れば、充分、幸せを引き寄せているといえるかもしれない

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5746位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2052位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。