画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大変

歴史や、国のことをかいていくうちに、


なにか、ここで、間違いがおきたんじゃないのか。


と、いうような、物事にいきあたったりする。


アメンホテプ4世あたりの記事がそうなんだけど・・。


人間を(歴史)をどこかで、くるわせていったのは、


実はひとりの人間の思いでしかないのかもしれないと思う。


クレオパトラの鼻がもう1cm低かったら歴史はかわっていただろう。


と、いう言い方をするが、


影響力のある人間のたったひとつの思いが

今に続く戦争やテロのもとになっていったのかもしれないと

思うとき、


歴史から、学べということはこういうことだったのかと思う。


むろん、学ぶという裏には価値が伴う。


憂生自体の奢った思いが、そのまま、アメンホテプ4世である。


あれこれ、つつきまわしてみて、でてくるのは

結句、己の姿であるという。


官さんの記事をかきながら、

日常生活で同じように、不平や不満ばかりいっているだけで、

協力しようという思い方にかける自分だと気がつかされる。


キーンをかきながら、わがことのように思う。


キーンに対して、思うことを自分にあてはめてみれば、

自分もまた、物をつたえていくべきであろうとかいてみれば、

あちこちに、自分をかいまみてしまう。


こんな自分がなにをえらそうに、物がいえるかと思う。


いや、書くことで、内省するべきことがあるのなら、

それはそれでいいと思う。


が、それは、ただ、自分のためにやっている段階でしかない。


物事からきがついた事実と、物事からきがついた自分と、のふたつが、

かさなっていている。


気がついた事実を自分はそうじゃないですよみたいに

書くことは、非常におかしいとおもう。


と、すると、どう書けばいいのだろうとおもう。


会話でいえば、

「こんなこと、いえる自分じゃないんだけど」

と、いう。


「自分のことをたなあげして、なんだけど・・」

と、いう。


つまり、至らぬ自分でありながら、物をいうのもどうかと思う。


だが、そんなことをいったら、なにも言うことができなくなろう。


どういう思いでいうべきか・・。


答えはわかっている。


ーいわさせてもらいますー

あるいは

ーかしこみかしこみー(畏れ多かれど)


と、いうことになる。


そこで、かしこみかしこみをしらべてくると、


神にむかって、おそれおおくも、いわさせてもらうことは、

今後、まことの思いでよくなるようにつとめますという誓い。


と、いうことになる。


つまり?


そういう思いで、かいていけということになる。


いわゆる、所信表明をひめていくというか。


こう、かんがえると、命がけの憂生日記になってしまうやないか。


えらいこっちゃあ。




関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7923位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2863位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。