画像1 画像2 画像3 画像4

おにぎり

今日も非常にねむくなってしまい、

うとうと、ねむってしまって、

なにか、妙な夢を見ました。

誰なのか、自分なのか

遠いところにいろんな可能性をさがしに旅にでかけていくのです。

とても、充実していて、ああ、楽しいなとおもっていたのに、

なぜか、急におにぎりをたべたいとおもうところで、

めがさめて

夢の続きがまだ、頭のなかにのこっていて

「君の作ったおにぎりがたべたい」

と、いう言葉が妙にくっきりしていたので、

即、階下におりて、

おにぎりを作ってたべました。

?????

おにぎりといえば、親父がやっぱり、商売柄つくることがあって、

1升で、17個だったかなあ。

この大きさでつくる。と、自分で握って

50個必要なら

3升たいて、1個残るから、おまえにやろう。

なんてことをいいながら、つくって

本当に、そうなるんです。

ぴったし、同じおおきさで、釜のなかで

最後の1っこがちいさくなったり、大きくなったりすることなく。

不思議なものです。

職人の手というものはそういうものなのでしょうね。

憂生も親父の血をひいてるつもりですが、

おにぎりはむつかしいです。

しょうゆ加減とか塩加減とかいうのは、

ほぼ目分量で手が勝手にとまるまでいれるというパターンは

つかめてきたり、

包丁をとぐというのも、手の感触で、研げるようにはなっているのですが、

手の中で量るということが、まだまだなのでしょう。

なにか、おおきな価値というものについても、

そんな気がします。

なんとなく、触れた感触で、

大きさは感じるのですが、

じゃあ、どれだけの価値かということを

量りきれていない自分だとおもったりします。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7756位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2500位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク