FC2ブログ

記事一覧

不可解

マシュー君の言うところの

ゲイなどに対しての理解。

と、いうところに、まあ、それが、いいとか、悪いとかというのでなく、

究極的には

人類の人口増加が抑制されていると感じた。

貧富の差で考えると

貧しい国は食糧難で、やはり、人口増加に歯止めがかけられている。

富める国なら、楽に子供を育てられるはずであろうに、

異性婚?が、なりたたなくなる精神構造が露呈されている。

やはり、なんらかの人口増加に対する

防衛本能としての意識改革がおこなわれていると考えられる。

が、憂生風にいうと、

やはり、生産性がない関係というのは、

あるいは、異常な状態といっていい。

(未必ながら、SO2シリーズにて、子供を育めない関係して、

レオン・クロードの♂同士カップルの破綻を描き、

精神面での結束としての復活(復縁話)を下書きとしてもっている。

けして、ホモ・セクシュアルを蔑視・異端視しているわけではないことを付記しておく)

だが、実際、正常な支えあいという男女間の結びつきが(出産という義務?を負うという意味合いで)

困難になってきている、

地球的規模での人口増加からの警鐘であると考えると

先にあげたシュメールの洪水の中にある人口増加問題と呼応しているように感じる。

一方、仏教的であるが

子供ができるということは、多くの因縁を果たしていくという必要性があるといわれ、

子供ができないのは、あるいは、因縁納所しているということであるともいわれる。

ところが、ホモセクシュアルにおいては、この子供ができるかできないかという

ことをひとつの定規に考えたとき、

いわゆるふるいにのらない「いきかた」と考えられる。

このあたりについての

マシュー君の言及はない。

それは、どうかんがえればいいのだろうか?

やはり、文明排退期における、「こすれ」現象だろうか?

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6239位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2594位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク