画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友人の古い夢をおもいだしていた。

赤いドラゴンが海に落ちていく。

と、いうものだったが、

これが、なにを暗示しているのか、
ずっと、頭から離れなかった。

そして、最近、また、別の友人から、
赤い竜の落とし子のような雲がおちていくかのような空。

こののち、アメリカでおおきな竜巻が起きた。

この解釈をかんがえていくと、

赤い龍が中国や韓国ととれる。

そして、韓国の発言。

原爆は日本への神罰である。

この発言に、

いいかえれば、神はアメリカであるかといいたくなる。

つまり、
韓国の発言

落とし語は、赤い竜の落とし子のようなものだろう。

うしろにいる、アメリカにむけての落とし語は、
たしかに、たつまきに姿をかえた。




worldeye 
さんの 

お祓い ③ という記事をよむと、

まざまざと、よその国の思念のエネルギーが

なんらかの現象を生むということがありえると感じる。

実際、憂生自体が、呪いのエネルギーのすさまじさを体験したことがある。

のろった本人は憂生である。

とたんに、目の前で何件もの事故がおきてきた。

やっと、そこで、おそろしいことをおもってしまったと我にかえったのであるが、

こういう見えない世界でおきる歪にひっかかり事象として、おきてくるということはありえる。

まだ、他のことをいえば、今までも、いくつかかいている。

また、憂生の荒唐無稽と笑うかもしれないが、

http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-984.html 

ヨハネ黙示録に書かれた赤い竜



と、いう言葉にいきあたってしまった記事であるのだが、



憂生の近辺でおきてきた竜の話しにしろ、

ヨハネ黙示録にかかれた赤い竜にしろ、

なにかただならぬものをかんじてしまうのは、

憂生だけではないようである。そして、また、日本におきてきている竜巻このもとの「落とし語」のおとし主はたしてだれであったのか?

どういう「おとし語」であったのか?



アメリカに竜巻がおきたのは、

アメリカが韓国の言葉や橋下氏の発言をうけて

「神のごときにえらくなったあげく、落とした人民の発言」であろう。

だとすれば、

日本に竜巻がおきているのも

「神のごときにえらくなったあげく、落とした人民の発言」であるかもしれない。

ここをふまえて日本人ならば、どういう思いをもてばいいか。
これを考えるに、
天皇陛下だったら、どうおもわれるだろうか。と、いうことしかないとおもう。

陛下の御心がいかにあるものかを思い量るしかできないとそれだけをおもう。
関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
9171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3310位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。