画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戴く

どうも、ポテンシャルの低い自分だとかんじていたときに、

いつも、ナイスなタイミングで記事をあげてくれるのが、

しおりさんなのです。

今日も

自分が背負うべきもの。

これは、グッドセンテンスです。

憂生自体、

人のせいにしないという視野でものを判断してきたとおもうのです。

この欠点は

今度は誰かが間違ったことをしていたら、

ー人のせいにしてるんじゃないかーという批判的、ものの見方になるわけです。

間違ったことが起きたとき、自分がかかわっていれば、

当然、自分のせいである部分は考え直すのですが、

人に対して、その人間が考え直しているかということを量るところがあります。

これが、人に対しての苛立ちや怒りや険悪感になるわけです。

が、ここで、しおりさんの言葉、

「自分が背負うべきもの」です。

つまり、人が考え直したり、こちらからみて悪いところ(それが正しいかどうかは別として)

を、かえていくというところは、

本人が背負うテリトリーなのじゃないかとかんがえたわけです。

ここが、判らなくなって、

相手と自分を混合して、自分のラインで、かわりに、かんがえてあげたり、

きがついてあげたりするので、

当然、判っている自分ですから、なぜわからないのかとか、

よくないとか、判断できて、自分だったらいやだという感情になるのでしょう。

これを、相手のことだとおもってしまうわけです。

自分だったらいやだ。が、本当なのですが、相手と自分を混合させているのですから、

相手をきらってしまったり、批判してしまう。

そこにいやな自分(自分だったらいやだ)をみてしまってきらうわけです。

ああ、そうか。

自分が背負う。

つまり、憂生はその人が「自分がせおうべきもの」をみて

自分もせおってしまっていたのだなあと。

自分がせおうべきもの。

その本人が背負うべきもの。

スピリチュアルでいわれる、過干渉というのが、

こういう意味合いだったのかとすこしわかった気がするのです。

もしも、人になにかいうとしたら

ーその人がせおうものがどういうものごとであるかー

あるいは、それをせおうことの意味がどこにあるかがみえたら、

そこを少しはなしをすればいいんだなあとおもったわけです。

あと、かってな憂生論ですが、

しおりさんの話をたとえにすれば、

しかられたら、そこをなおしていけばいいことじゃないか?

で、あって、

医者が背負わそうとしているものを、背負えないのは、

看護婦としてどうかということであり(やめていった人について)

医者のほうにすれば、それは、伝え方がへたというか、

看護婦との普段の信頼関係がきずけていないから、

やつあたりされたら、にげられてしまうわけであるのだから、

地道に普段からやんわりと話をしておく。

と、いうことなんだけど・・。

しかし・・。

こういう頭から怒鳴りつけるという親父がいるという環境がなくなってきているのでしょうね。

上のいうことに絶対服従というのでなく、

「たてていく」というおふくろさんの姿をみていないというか。

医者のほうは、そういうご両親だったのかもしれません。

男が、上が、怒鳴るなどということは、よほどのことであるわけですが、

やんわり、丁寧にいわれないとやっていけないという

自分がせおうべきものを放棄?培われていない?ということを考えると

しおりさんが、別になんともおもわない。

と、いうせりふは貴重だと思います。

ご両親の影響かどうかはわかりませんが

「たてていく」「背負う」ということが身についているわけです。

ーどならせないように先取りして動くーと、いうことができていないことを

たなのけにして、

ーどなったほうがわるいーという「ひとのせい」理論にどっぷりつかってしまった憂生をみると

自身、

どなられるには、どなられるわけがあった。

と、おもうようになってきました。

二つの意味合い。

「人のことまで背負ってしまう」

「自分が背負う」

このことを改めて憂生は考え直していかなければとおもっています。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2306位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。