画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変革・よいっしょ・どっこいしょ

奇妙なシンクロにあってしまった。


昨日だった。


その方のブログタイトルをみていて、

もう、このタイトルはやめたほうがいいのになあ。


いわゆるマイナスループにはいってしまうし

訪問する側も

ある程度の期間がすぎているということもあり、

管理人さんが、タイトルの呪縛にかかっているような?


なにか、こっちがわも、

そういう蜘蛛の巣にかかってやっとにげだしてきて

なんで、かかっちゃたんだろうとか、

そういう失敗感情から、なんだろう?

どよ~~んとしたエネルギーを感じて

また、おなじようなエネルギーがよびよせられて


なんか、そこでまた、失敗感情をみてしまう。


こういうメビウスルートになっているようにみえて、

もう、そのタイトルをかえてもかまわない

一歩成長したタイトルにかえてもよかろうになあ。


被害者感情にもみえる内容しか、かけないという「枠」をつくっているというか。


ーあのことがあって、よかったー

と、いえるような方向性のあるタイトルを掲げると視線もかわろうに。


芳月さんは、

F1にたとえていっていた。


コースをはずれたとき、車体をたてなおそうとしたら

元にもどる方向をみるんだ。


はずれて、壁にぶつかりそうになったとき

壁をみたらぶつかってしまうんだ。


怖い、ぶつかるという恐怖感をみたら、

そっちにいってしまう。と。


芳月さんは、ご自身でも、

私の話はなんにでもあてはまるということをおっしゃっているけど(こういう表現とは違うけど)

まさにそうだとおもう。


なんども、自分の迷いのときに

経営理念(厳密には、ライフワークという人生理念を経営理念という形で説いている)でありながら、

そのまま、人生の指標のもち方につうじるところに遭遇している。


こういうところにきがつかされると、

たかが?ブログのタイトルでありながら、

陰陽師風にいうところの「呪」という縛りにあっているのではないかというタイトルに

いくつか遭遇することがあり、

憂生も執筆中という「縛り」をおこなっているのが、よいのか悪いのか

結論がでないまま、気にとめている。


こんないきさつもあって、

いつだったかも、

ー結婚話しがすすまないーというタイトルに疑問をいだいたことがある。


単純にどうすれば、結婚話がすすむのか?と

いうタイトルにすれば、すすむ方向での開示的ヒントがあらわれるだろう。


すすまないというのなら、すすまなかった理由がわかるだけじゃないのだろうか?


単純に本人が

すすまなかった理由をしりたい・整理をつけたいとおもってかいているのなら

それはそれでいいのだけど、

すすむ方向にむいていないと

過去をふりかえってばかりになりがちで、

なにか、それでいいのかなあとぼんやりかんがえていたことがあった。


今回も

本人の気持ちがある段階に達さない限り

タイトルをかえてみたら?といったところで、

おそらく、意味合いがつうじないだろうし、

大事なことは、自分できがついていくということでもある。


だから、なにもいわず、

ぼんやりおもっていたのが、

昨日で

そして、ひょいとみたら、

タイトルがかわっている。


おお、なにか、ひとつ、きりぬけていったな。

視角がひろがっていったというか。


やあ、よかった。よかった。


などとおもう。


単純な人間でしかない憂生だけど、

そんな風に

かわっていくということで、

また、誰かにプラスエネルギーをあたえることができるのだということを

あらためて、おしえてもらったとおもう
関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3727位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。