画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山心中と呼んでいる

鳩山氏の決断を憂生は見事と思う。

実際、まわりの人間がそっぽむいて、しまうという

あの状態の中で、よく奮闘してきたとおもうし、

憂生の仕事の関連からいっても、ひきしめ政策の余波はきつかったが、

思い切った断行をおこなっていたところは、評価できると思う。

それをまわりが、もりたてない。

なさけないというか、

城だって堀や生け垣がくずれりゃ、たっていられないのは、事実。

これをして、不徳の至りとするが、また、潔い。

そして、なによりも、小沢氏を抱き込んでの退陣であるから、

見事な鳩山心中をやってのけた。

憂生はあるいは、鳩山氏の本来の使命はここにあったのではないかと見ている。


そして、一掃することにより、城の基盤をたてなおすまでもなく、

すでに鳩山氏が躍進し変革していったものがある。


多くの人がブーイングしているようだが、

良いことは良いこと。

悪いことは悪いこと。で、きちんと評価すべきだろう。


それをいつまでも、いかに悪いかを、こねくりまわし、

あれも、これも、悪いという見方に固執する。

これって、もりあげてやろう。と、いう気がない内陣とおなじじゃなかろうか?


自分自身がやってるわけでもないことをはたが批判するのは容易なことだ。

こんな考え方は、仕事をやっていてもおなじだろう?

頼りない上司がわるいんだろうか?

補佐、サポートできなかった部下にだって、問題はある。

そこを自分に省みず、しのごのつつきまわしていたって

どうにもならない。


あげく、いびりの如くおいかけまわして、ぐちゃぐちゃいってる自分を省みない。


よほど、発散する場所がないか、

ひとのせいばかりにするを得意とするか、


いい大人がなさけないもんだとおもう。

批判しまくってる鳩山氏の爪のあかでものんだらどうだと思う。

自分の不徳をちょいと、省みてみろ。


ま、憂生は、鳩山心中、あっぱれ!!

そう思っている。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
8200位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2908位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。