FC2ブログ
画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒~~~~!!★新之助シリーズ第3話

黒~~~~!!/其の①
新之助。
今日は馬術である。

殿は例のおひんにまたがり
颯爽と
新之助は
もう一頭の馬。
黒にまたがり・・・。

またがってない。

それどころではないのである。

あぶみをつけようにも、
黒は否否否~んと、
にげまどう。
新之助は
背中にのせてもらえないどころか、
黒にくいつかれ・・・。

「殿・・・さては、こうなるのがわかっておいでだから、
新之助に黒をおしつけたのですね」
「だって・・・。黒はいう事をきかないんだも~~ん」

はああああ。
まずは黒を手なずける事が先のようである。

だけど、
新之助には妙案があるのである。

お話はいきなりとんで、
次の日である。

「さあ、いくぞ」
殿は今日も馬のお稽古だという。
だけど、
本当は新之助が困るのを楽しんでいるようである。

新之助は昨夜のうちにすでに策をろうしている。
だから、落ち着き払って、
厩に向かってゆくのである。

殿はさっさと、おひんをひきだし・・・。
今日も黒に食いつかれる
新之助を・・・。

「あれ?」
黒は新之助に大人しく
従い、その背に新之助をのせるではないか?
「あれ?あれれええ?」
獰猛な黒が人を乗せている姿を初めてみた。
感動的でもあるが・・・。

「新之助?ようも黒をのりこなしたのう?」
姿形を言えば
黒はおひんとは、比べ物にならない
精悍な牡馬である。
「ああ。いいなああああ。殿も黒にのりたい」
おひんの背をおりて、
黒に近づく殿である。

ところが、殿が黒に近寄った途端。
がぶりとくいつこうとするのである。
「えええええ?なんでえ?どうしてええ?」
殿は新之助に
黒を従わせた馬術の基本を
ぜひとも、ききたださねばならない。
そして・・・。自分こそが黒にまたがり、颯爽と・・・。

「新之助。どうやって黒をてなづけたのか?」

黒~~~~!!/其の②
「実はですね・・・」
殿の耳に口をよせて、新之助は
黒を手なずけた方法を
お聞かせ申した。

「にゃに~~~~?」
びっくりしたのは、殿である。
だけど、新之助は
「だって、其の方法なら、確実だとおもったのです」
「・・・・」
言葉が出てこない殿である。
「だって、その方法で新之助は殿になつきました」
たしかに・・・そうだろう。
そうだろうけど、
なにも、黒にしこしこ、こしこし/あああああ!!抵抗がある表現だあああ(作者)
してやらなくてもいいじゃな~~い?

「でも、それで、あの通りですから」

「・・・・」
ふむ。

懸命な読者諸君は、
当然このあと、殿が早速
黒をてなづかせるために、
奮闘されるのは、
想像されているであろう。

新之助が下城した、
其の日の深夜。
厩に忍び込む殿がいるのは
当然の話の成り行きである。

黒~~~~!!/おしまい
さて、殿である。

草木も眠る丑三つ時に
こそこそと
厩に忍び込み・・・。

そっと、黒の後ろに
踏み台をおき、・・・。

え?
黒がきがついたのでは?

ま、そこは・・・。
すんなりと・・・。
と、いうことに。

で、黒に・・・・。
殿が何おかをしでかすのでございますが・・・。

流石にそうなれば、ここで黒めもきがつきますが、
すでにおそし。

殿の恣意のまま・・・。

やがて・・・。
黒めも気分がよくなってきたのか、
ふ~ふ~と、鼻息もあらくなってくるではありませんか。
それをみて、よろこんだのは、
殿でございます。
「やった。これで、黒はいうことをきくようになるぞ」

シッカリ、黒をてなづけるために殿はますます
えっちらおっちら、頑張るのです。
黒はますます、
過剰に反応し、
やがて、尻尾をぴんとあげ・・・。
「ウひゃああ・・・なんじゃあ?これは?」
黒のその部分が
うにゃうにゃとうごきはじめてゆきまする。
「うはは。さては、極楽をあじおうておるな?」
其の動きはますますリズミカルになり
黒への侵入物を
外へ押し出して行くかのように
せばまってくる・・。
「ざま~~みろ~~~」
殿は大満足で、
もう、これで、黒をてなづけたぞと、
踏み台の上で
なおも黒の反応をたのしんでおりました。
「うわ?すげえ。おしだされちゃうよ」
殿の一物は黒のなかから、ぐいぐい、おしだされてきます。
「うわ?すげええええ」
だけど、黒の反応に感動している場合ではない。
だって・・。
「え?あれ?」
ぐいぐい押し出された殿の一物。
そのあとに、

ぽろりん。
「え?」
ぼとん。

「・・・・・・」

なんということでしょ。
「げ?く・・・・」

黒は確かにその気になったのですが・・・。
どうやら、違う方向で
その気になったようです。
「げ?げ?」

殿を押し出した其の部分から
つづけて、でてきたのは・・・・。
「げ?糞だああああ~~~」

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6307位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2916位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。