画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たどたどしいなあ・・ごめんにゃ

いつか見た夢・・に寄せられたさる人の感想が、

憂生をおどろかせた。

「この人、だいじょうぶなんだろうか?」

こういう感じ。

まあ、ここまでの判断をするのにいくつかの踏破がある。

踊り娘のあたりで、すこし悶着があった。

文章はきちんとかかれ、下調べなど入念におこなわなければいけない。

と、人のところでもあてはめるのか、

読む視線でなく書く視線でものをいってくる。

どう書くべきかより、まずなにをかくべきか。の、タイプの憂生は

ときに、事実をまげて書く。

たとえば、すでにここでもやった覚えがあるが、

かいていて、実は本当はこういう抜け道がある。と、いうことなどあるが、

悪用されてはいけないわけで

あえて、この方法しかないのが、実情だ。

みたいなね。

問題はちゃんと伝えたいことをつたわっていくようにすることなわけだ。

ここらへんの感覚で多少の相違をかんじていたあと、

そのお返し?にきたのが

人の場所でその語感からかんじたことをうけとめたという意味で書きたかったに相違ないとはおもう。

同じ名前の有名人(おおまかに)からも・・確かにそういうイメージかんじますね。

だけでよかったとものをそこで、有名人のことを写実しほめだしていく。

???

この人、なに?

人の場所にきて、極端な言い方だが「あの人はきれいよ、うっとりするの。それをおもいだしたわ」

と、やるわけだ。

自分の場所でやっとけよ。人の場所でJII行為やるなよ。

なにか、自分が伝えたいことをきちんと伝えることができない。

逆をいえば、書いてあることの内容をつかめない?

この調子で、実社会でも、見当違いな物言いをしたり

本質とはかけはなれた把握のしかたしかできていないんじゃないだろうか?

どう見ても、30代後半。40代前半。

だが、人のところでJII行為をやらかしていくその行動ぱたーん。

いや、表現の不適格さ。

気がつかない人は有名人を髣髴させるのかと

すごくほめてるとおもうかもしれない。

だが、同じものを書く人とは思えない。

自分の登場人物や文章をだれそれ、みたい。と

いわれたら、がっくりする。

憂生は憂生の文章であり

人物はその人物でしかない。

だれそれみたい・・なものではないと思いたいだろう。

ここらへんからも、とても、40歳近くの思慮、配慮のある人間とはおもえないという見方をする人がいるかもしれないと思った。

それで、若い人なのかもしれないと他の人におもわせるようにしたのだが。

あえて、たとえば、おじょうさん。と、よべば、

なぜ、おじょうさんとよばれたかわからない。

上にわざわざ、自分の年齢をさらけだす。

おい。おい。

憂生がそれくらいわからぬ節穴だと思うあんたが節穴だぜ。

ここでも、ああ、読み取れない人なんだ。と、思ってしまったわけだ。

これが、はっきり露呈されたのが、

「いつか見た夢・・・」での感想だった。

貴子女史のことだった。

「こんな、ものの判る人なんているんだろうか?」

ああ。

都合のいい登場人物と思ったのだろうな。

多く、憂生の日記を読んでくださった人は

先のことでもそうだと思うが

今、ここに書いてることでもそうだとおもうが

ーこんな、ものの判る人ーの範疇になろう。

憂生にすれば、人をみていれば

ある程度わかる。

まして、会話をかわせば・・。

ーこの人、人のことを思いやったり、考えたりしないのだろうか?-

場合によっては、おかしいなときがつかないのだろうか?

なんか、なやんでるなとか?

考え方が歪んでるとか・・。

自分がそうであれば、貴子女史という聡い人間の存在を不思議には思うまい。

憂生自身がそうだったから、

友人の憑依を払った15,16のころでも

あ、元は彼女の弱さときがつく。

15,16の人間でさえこうならば、

職場にいて、チームでやっていれば

中にはこういう人間もいるし

ほんのちょっとまえなんか、

近所の様子を全部把握している人がいた。

顔色みて、なんかあったとわかったり

ちょいと、声をかけておいたり。

こういうのが、当たり前だと思う環境と自分自身だったせいかもしれない。

「こんな、ものの判る人なんているんだろうか?」

と、いうだけある

ものがわかってるとは言えないかもしれないと思う数々の行動に言動。

それは、憂生にだけみせてしまった失態だったのか?

「この人、だいじょうぶなんだろうか?」

そういう不安と心配の目からしかみなくなってしまった。

まあ、今はその人も良い風に変わったんだろうと思う。

変わったんだと思うから、済んだことだから

書いているところがある。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10936位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3867位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。