画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる


物語というひとつの集約のなかで、

たったひとつ、おいつづけているといえるテーマは、

「生きろ」ということであり、

誰かに大声でいえることがあるとすれば、

憂生には、それしかない。

じつに、おおざっぱな言い方ですが、

人に教える?ことなど、なにもない人間だなあと考えたときに

その理由はいくつかあります。

まったく、整理がついてない考えや

浅いスキル・人生経験。

あれやこれや、おそわっていくばかりの自分でしかないということです。

そのなかで、なにか、これだけは、

「言えるぞ」というものはないかとかんがえてみたとき、

「生きろ」その一言しかないのです。

人間、生きていくなかで、辛いこともあるだろうし、

悲しいこともあるだろうけど、

それでも、

「生きていてくれ」

たった、それだけなのです。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3773位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1388位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。