画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらず作品にかかわることを・・・ぶつぶつと  


最近はお登勢一本に絞って
ぽつぽつと、かいておりますが、
ときおり、
「笑う女」や新之助シリーズの「恋敵」等の続きを
かきたくなるのです。
--------------------------------------------------------------------------------
しかし、今、この集中力?/おこがまし~~、んなものねえから、なんだけどさあああ/
を、よそに分散させると、
どうもいけない。
と、いうことがよくわかったので、
浮気 しないようにしてるんですが・・・。

まあ、お登勢をかいていると
自分の中でいろいろ
うかぶことがあって、
それをどこかにかきつける?
読んでくれてる人にむけて
話すことで
自分の中がまとまるって部分も
あるのですが・・・。

コレをしちゃうと、
ネタばらしにちかいことになって、
出すに出せないと言う部分があるのです。

ですが、この間もカフェ
「男」が剛三郎に意見すべきかどうか?
みたいなことをぶつぶついってみたおかげで、
また、ひとつの指標?
***ここを具体的にいえない****
が、みえてきて、

先々の徳冶との部分に
平行移行する考え方が
憂生の中に入ってきました。

こういう意味で
多少のネタばらし?をしてゆくことは、
いいかもしれない。

プロの作家と言うのは
何も、誰にも相談しないのか、
どうかは、わからないけど、
例えば編集者?とかによんでもらって、
これでいいか?
みたいなこととか、
この先どうするかとか、
きくことがあるかな?

かく人のタイプにもよるだろうけど、
また、かき方のタイプもあるかな?

こういう連載という格好をとってみて、
ある意味時間的余裕?
うん。
思考的余裕かな?
あるせいか・・。

どうするかというぶつくさが
多くでてくるようになった。

まあ、あんまし律儀に考えることでもないと思うが、

ときおり、
ここでこうだから、こういう風に
お登勢がこうする。
それに対して、男がこう畳み掛ける。
だが、それについては・・・・/
AHAHA・・かいててもサッパリ訳がわからん。

と、まあ、ぶちまけてしまいたい部分もある。
で、
内緒のブログを作ってみようかと思ったんだけどさ。
なんか、
憂生って言い方は何処でもやるわけさ。
そしたら、いずれ、検索にでてくるんだよな。

あかんじゃん。

何か、気分は王様の耳はロバの耳の
床屋と同じだよ。
叫ぶんだよな。
穴掘って。
王様の耳はロバの耳。って、

憂生も叫ぶぞ・・・。

せの!!

「お登勢の耳もロバの耳」

あかんじゃん・・・・・・。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3615位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。