画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも・・不思議な話。


15,16の頃を境に見えない世界の住人らしき物との接触がはじまりだした。

憂生の場合は視覚的に見えるという物でなく、

およそ、感覚的なものでしかない。

これも当初は

かな?

という、ぼんやりした物が多かったが、

何年かたつうちに

「思い」が入り込むことが多くなってきた。

視覚的に感じたもの

身体的にかなり具体的に感じたことは、

かぞえるほどであるが、

いずれにせよ、

思いというものは

時空、場所を超える物である。

幽霊とか言う事の話ではない。

まあ、幽霊も思いが結晶化したものであると、考えるので、これもふくむのであるが、

思い。

これが有形にしろ、無形にしろ、存在の基点である。

存在、全てに何らかの思いが存在すると憂生は思っている。

ただ、今の人間はいろんなことに、

心がとらわれ、

(思い)をキャッチできなくなっている。

太古の人々は、風や木やいろんなものの思いを

聞けたのではないのだろうかと思う。

ふと、無心になったとき、思いはつながる。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10348位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3727位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。