画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

流し打ち~~~ヒットか?


物語を書く人には色んなタイプがいますが、

憂生はおおかたの構想がきまったら、

思いつくままに、一発書きというタイプです。

これをやると、主人公のキャラによっては、

こんな行動や考えをおこさないってことになって、

構想がくずれちゃうんじゃないかって、

考える人がいると思います。

それは、もちろん、あります。

で、憂生がそういうキャラ設定ということで、

逆に、一発書きのほうが楽なわけです。

基本的にはキャラの設定にそって、

キャラを動かしていきます。

すると、大まかに描いた構想から

離れた方向に行く時が・・・

しょっちゅう、ありますわい!!

↑威張るな?

だからこそ、それにあわせて、

物語を進めていくわけです。

これを細かなストーリー構成をつくってしまい、かきすすめていくと、

まず、破綻します。

自分の設定したストーリーの中におさまりきらないキャラクターの性格が

かならずでてくる。

すると、この性格のために、はじめの設定に付け足しや説明を入れなきゃならなくなる。

まあ、あみだくじでいえば、キャラクターの始発と、ゴールをはじめから、

きめておくって、かんじです。

デ、実際書き始める。

すると、あみだくじの構造上、ルートはきまる。

ところが、かきすすんでいくうちに、定めたゴール地点にいきつかないのがみえてくる。

すると、横線をたしたり、けしたり、ずらしたりする、修復作業が必要になる。

ところが、憂生のやり方は、まさに勘でしょう。

適当な始発ではじめて、主人公はやはり、定まったルートを歩む。

そのルートをかく。

そして、必ず、どこかのゴールにたどりつく。

そのあみだくじのテーマがきちんときまっていれば、

どこからはじめようが、どこにいきつこうが、

そのキャラクターの「生き方」みたいなものが、

くじの上のルートの中に描かれる。

キャラクターという大きな目でみたら、定まったルートでしかないのだけど、

その曲がり角でキャラクターが自分でその方向をえらぶ。

あともどりはしない。

だから、どういうルートをとおっても、

「生き方」みたいなのが、かかれているから、

結局、おおまかな構想と合致したものができる。

で、自分でいっちゃあ、なんだけど、

憂生の作品がおもしろいのは、

ストーリーをつくりあげるキャラクター自身の選択眼というか生き様というか考え方。

じっさい、憂生も書いていながらキャラクターがどう動くか判らない。

そして、なぜ、そう動くかってのを掘り下げる。

こういう考え方だから、こう動く。

それが、みえてくると、キャラクターがおもしろい。

おもしろいから、よんでいて、楽しい。

(そうでもないか・・・?ま、理論・・・理論・・)

そんなんで、空に架かる橋以降、連載しかかかなくなってしまったのには、

こういうところがあるんだけど・・・。

と、いって、ワードに書いていた頃も、やっぱし、一発書き状態で、

SO2シリーズ18編、白蛇抄14編、かきおろしが・・・すくないな・・

5編あるかな?

あとの40編くらいが連載か、途中から連載にかえたか・・。

で、まあ、量的にも多いってのもあるかな。

短編でも連載はするけど・・・。

5万~10万文字となってくるとさすがに一日では打ち込む事が出来ない。

前にも書いたけど、指のけがもあるせいで、見事な一本打ち打法なんだ。

これ、打ち込みながらの同時変換ってのが、難しい。

目で確認する間があって、間違ってたら、打ち込みなおしとかする。

瞬間、瞬間、間が開くわけで、その分、沸いてくることを打ち込むのに困る。

追いつかない。

で、お構いなしに1万文字でも打ち込んで

後で文章確認したらえらいっこっちゃになってる。

自分でも、なにかいたかわかんねええええええええ!!

と、いいつつも、まあ日記に、メールに、物語に

なんやかやと、うちこんできた量は半端じゃない。

物語はかぞえきってないけど、

400万文字以上あるだろう。

にっきも、コメントもメールも・・

そうやって、かんがえると、1000万文字くらいを

この一本打ち打法でこなしてきている。

で、時折指の運びが悪かったり

キーボードがええかげん、へたってきているせいもある。

妙な文字があったりする。

けど、悲しいかな、自分の文章って、

よんでみても、間違ってる文字をそのままもともとの表現でよんでしまうというのがあるんだ。

まだ、残ってるかもしれないけど、

ブロー・ザ・ウィンドの書評の書き写しに

「とても印象にのこる・・」とかいうのがあって、

これを

「ととも印象に残る・・」って、やってるのに

自分では「とても」と読んでしまう。

で、それに気がついたのが、検索のおかげ・・。

憂生のところに

「ととも印象に残る・・」ってその部分の検索ロゴでヒットしてたわけだ。

それで、ヒットするほかの人のものもみてみる。

まだ、その時点では「とても」だと思ってるから

けっこう、にたような文章かいてる人がいるんだねえ。

憂生のものをさがしてたわけではなさそうだ・・・。

ん?

ここで、はじめて、きがつく・・。

検索ロゴは「ととも」になってる・・。

憂生のは?

「ととも」になってる・・・。

書き間違えたおかげで、憂生のものを検索してくれたんだと特定できたんだけど・・・。

まあ、それくらい、きがつかないでいる。

pとかtとかsとか一緒におしてたりね・・・。

いちばん酷かったのは、ブログのIDをとるのに、

「旨物談義」をIDにしようとして、物のところで、

OPっておしてしまって・・・UMAMONOPDANNGI

これにきがつかず、ログインしてもはいれない・・。

ま、そんな風に日夜、一本内打法でがんばってる憂生でやんす・・。

*ところで、もともと、なんのはなしだったけ?*

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2582位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。