画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから、ありがとう

毎度、思うことだが、

どうも、ブログに小説などをだしている人はレベルが低い。


もちろん、憂生も含めて。


じゃあ、出版してるからってレベルが高いかといったら、

やはり、これが、ブログに居る場合は、やはり、レベルが低い。


出してみた物の、およびがかからない。

売れ行きが悪い。

500冊ほどの初版発行をブログで宣伝しなきゃならない。

(あ、某社の場合ね)


結局、作家になるほどの実力がないんだろう。


だから、逆に憂生の場合、ブログとかで、出版しました~~って、

ず~と、やってる人をみると、ああ、だめなんだな。

って、判断をしてしまう。


いやな見方だけど、本当に売れてたら

ブログなんかに居ない。


で、前にも、書いたけど、憂生はほとんど人のものは読まない。


正直をいうと、今、誰の物も読んでいない。ああ、小説らしき物という意味でね。


ちらりと、流し読みはする。


正直、あらばかり見える。


だけど、人のことをいえる自分じゃないないから、

それは、いえない。


と、言うよりも、ブログで、書いてる人間に高いレベルを求める方がおかしい。


まあ、そんな中で、ああ、いいもの持ってるな。

って、思う人がいる。


で、思わず、おしいって、勝手ながらクレーム?つけた。


有る意味、本音だけど、

上に書いたように、言う気にもならない人ばかりなんだって、

ことに、着目してほしい。


かってながら、憂生が本音いうってことは、

逆にすごいって、みとめてるからこそ

出来ること。


文は人なりって、いうけど

文章に人柄がにじみ出てる。


そこまで、憂生が読み取ってるんだよ、なんて、言いはしない。


いくら、旨い文章だからとて、

いくら、旨い表現だからとて、


やはり、文章の中に人柄がにじみでるような

そんな人柄じゃなきゃ、話にならない。


結局、物語ってのは、

知らぬうちに、自分を映し出す物なんだ。


だから、本当は、人に対して、しのごのいう暇があったら、

たとえば、憂生の作品がすべて、語りつくす。


そうありたいとは思うんだ。


これは、逆の時に、書いたことが有るから、

自分で言うときついんだけど、


まともなものを、かけてない人間ほど

人のことを四の五の言う。


って、言葉、ひっくり、返したら自分の行動だよな。


で、おまけに付け足したんだ。


ちゃ~~ちゃ~~、言う前に

こっちがなるほどといえるような日記でも作品でも書いてみろ。


本当に巧い人は人のあらでなく

自分の足りないところをみて、

相手のいいところを探して

自分の糧にしようとする。


そして、そんな人の作品は

すべてを語ってるから

こっちを説得して

いいなと思うところはもらおうと思わせてしまう。


だから、もうひとつ、逆を言うと

自分の作品がいまいちだから、

相手に自分の意見が通じないってことなんだよな。


そこまで、いいものを書いてるからこそ、

その意見、もらおうと相手を動かせないんだ。


そこのあたりに気がついてしまうと

人に意見するのは、別にかまわないとして

それが、通じなかった場合

これは、その諸刃をちゃんと

受け止めなきゃいけないと思ってる。


そこまで、いえる自分じゃないから

通じないんだぞ。


がんばれって。


自分にいうし、

通じなかったとしても

それは、逆に自分を教えてもらえたことで、

どっちにしろ、憂生は得をしてる。


だから、意見、通じなくても、通じても、

ありがとう。


憂生はそう思う。


通じたら、こんな人間の言うことを受け止めてくれて、ありがとう。

通じなかったら、まだまだ、至らぬ憂生を見直させてくれてありがとう。


いずれにしろ、憂生は得している。

**************
コピーペーストして、記事を移行してくる作業をまず、やってしまおうとおもいながら
こういう記事をめにすると、
記事を書いた裏側を思い出し、注釈したくなってくる。

しょっぱなの
どうも、ブログに小説などをだしている人はレベルが低い。
この言葉でも、過激と言うか、挑戦的というか・・・。

この記事は憂生の物語にまとはずれな意見をさしはさんできた主婦?作家への言葉である。
意見と言うのはたとえば、
七日七夜をまともによみもせず、かなえのことを
「女子(おなご)」と表現するのはおかしい。
女性(にょしょう)と書くべきだ・・・・。と。
この物語の中に
「16?どうみても12、13かとおもった」
「無造作に髪をたばね、たっつけ姿であったため、男の子かとおもっていたら・・」
などという文章がはいっている。
また、かなえをそういうふうにみた相手の男は実は鬼であり、
鬼が女性(にょしょう)という表現をするだろうかwwww
かつ、
男の子にみえるような12、13歳のがきんちょをして女性(にょしょう)と表現するべきだ。
は、いかに表面しか(部分しか)よんでないことを露呈させているだけになってしまうのに
平気で意見してくる。

文字がもつイメージというものがある
女性(にょしょう)と言う側も有る程度、貴族とか金持ちとか多少裕福でないとおかしくある。
たとえば、身分のひくいもの・・・士農工商でいうところでいえば、形こそ2番目にあげてもらっているが生活もかつかつだったろう農民などが女性(にょしょう)といういいかたをするのはおかしいだろう。
また、逆に女性と言われる側も多少は気品をそなえているであろう。
田んぼに苗を植えている農家の婦人を女性(にょしょう)とはいえまいwww
遊郭にいるならまだしもこもをかついで屋外のどこででも身をうるような婦人?を
女性(にょしょう)ともいうまい。

そういう「女性」という表現について、おおいなる認識の違いがあったところに
あきたらず、小説は1行あけるべきだから憂生のはおかしい。まちがっている。
まあ、これはいい。
あげく、普通の市販の本をして、
みてごらんなさいよ。ちゃんと1行あいてるでしょ!!と、きた。
この人何読んでるんだろ?幼児向けの絵本かなにかか?
行と行の隙間まで1行とかんがえているようだった。
思い込みで人に意見してくるのはいいが、
ことごとく、まちがってるもんだから、
この人はいったいどんなものをかいてるんだろうとよみにいってみたら
金持ちグループと貧乏人?グループの少年が喧嘩して・・・。
みたいな表現があって
どういうんだろうなあ。ステータスに弱いというか。
で、まあ、薄命の少女としりあって、いわば、金なんかじゃないってことに
愛ってことにきがついていくってとこだったんだろうけど
設定が甘すぎて(説得力がなくて)・・読む気をなくしてしまったというかwww
もろ、こっちに意見してくるのと同じ姿勢でしかなかったわけだ。

それがなにをおもったか、
こっちをぎゃふんといわせてやりたかったのか
いろいろいってくるので、↑の記事をかいた。


まともなものを、かけてない人間ほど

人のことを四の五の言う。

ここのところなんだけどね。

彼女は

だから、意見、通じなくても、通じても、

ありがとう。

を、わがことだとおもったんだろうね。

もう忘れてしまったけど、
「得したってわかったならいいわ。
別にありがとうっていわなくてもいいわよ」
みたいな言葉がかえってきてた。

まあ、にぶいというか、自覚がないというか・・・。
こういう人間がいるんだと驚いたんだけど・・・。

「本人にそういってもらえたらうれしかったんですけどね」
と、かえしておいたんだな。

つまり、本当に得ることがあった相手は、あなたじゃないんだよ。
と、いう意味合いだった。
しばらく、わからなかったんだろうね。
そして、なんどか、よみなおしたんだろう。

やっと、

まともなものを、かけてない人間ほど

人のことを四の五の言う。

まともなものをかけない人間だといわれてるのだ。

と、きがついたらしい。
で、あとはどうだったか、謝れの訂正しろのといってきたような・・
あんまり、しつこいんで、訪問拒否にしたんだけど・・。

自分が間違った意見でえらそうにいったことについては、
こっちに対してすまなかったの一言も訂正の一言もなかった。

で、憂生が言ったことには
怒り狂っていた様で
まあ、あまりにも我が身を振り返らずの意見がましさに
上の記事を書いたわけだけど・・・。
それでさえ、自分の事だとおもってない厚顔無恥というか・・・ひでえか・・・
まあ、ちょっと、きがついてもらうようにいったことについては
彼女が自分の欠点?をみなおしていくためにはよかったというか。
記事のとおり、
得したととってくれればいいいんだけどと願いつつ・・・。

この記事は保存しておいた。

通じなかったとしても

それは、逆に自分を教えてもらえたことで、

どっちにしろ、憂生は得をしてる。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10936位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3867位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。