画像1 画像2 画像3 画像4

手前味噌

こう・・、時折


部分だけ書いてみたくなります。


文章表現は、そのときは、なんとなく、かいてみるんだけど


あとから、読むと


自分でいっちゃ、いけないが、旨い(あえて、旨い)ときがある。



男に渡すものは真心ばかりではない。
そのままに欲を受け止める。
それが天女。
でも、それは不知火が綺麗だから・・・・。
だから、不思議。
欲にまみれきって苦笑して新町に行くといった不知火なのに、
綺麗。
だから、不思議。

「不思議な不思議な」
呟いた理周は、不知火が帰ってくるようなきがして、耳を外に傾けた。
じいいいいと鳴くのは、けら。
人が通れば、なきやむだろ。
朝までかえってこぬのかな?
何だかすこし、こころもとないのも、
不知火が優しいから?
広い部屋がものさびしいのも、
不知火があたたかいから?
けらのこえは変わらず、地鳴りのように唸っていた。



これを旨いと感じるというと、

はあ?

って、思われると思う。


意味じゃないんだ。


音律。


ラ行のリフレインと残音と

けら、から・・・。


だから、~~から。と、けら。


この音律が、なんとなく、憂生 には、心地よい。


で、


なんとなく、文章ってのは、

このリズムにのってるという

部分だけでなく、


音・・読みながら耳にきいてるという不思議な事をやるんだと思う。


で、たぶん、書くときもも、

この語調みたいな?

五七五じゃないけど、

そういう文字数のリズムも

なんとなく、選んでるんだと思う。


で、自分でよみかえして、耳でも読みながら

音とリズム拾うと、

旨いと思う。


おいしく感じる・・んだ。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5757位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2080位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク