画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は語らず。

問題意識。

まあ、この問題自体がどこまでのものか、わかりにくい。

ただ、己の精神改革を断行したものは、

2枚の写真 である。

1枚は

ロバート・キャパの「倒れる兵士」/「ベトナム兵の死」だった。

もう1枚は

ユージン・スミスの「みなまた」

16の憂生は

広島 」へ行こうと決心した。

原爆の痕跡をこの目でみようときめた。

それから、何年・・・。

憂生はカメラ をやめ、

広島に住むようになった。

シャッターを押した指は

今は

キーボード をたたく。

写真よりももっと、確実に

己の感情を伝えられる、文明、いや文化の利機をもちながら、

憂生は一言も発せずに居る。

なぜか?

この答えを書くのは、もっと後になるだろう。

ねがわくは、この命題を己に振り込んだことさえ、忘れてしまうほど

未来の事になるといいと思う。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2484位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。