画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・・鷺・・・

闇の中から、時折声がする。

ギャッと一声鳴くと、
ばたつく羽音でそれが、鷺だとわかる。

鷺は不思議な鳥だ。

夜闇の中を動き回る。

彼らは俗にいう鳥目ではないのだろう。

動物は人間と違う感覚を持っている。

犬や猫は人間に見えないものが見えると聴く。

鷺も鳥でありながら、闇夜がみえる梟のような鳥なのかもしれない。

ギャッ

また、鷺がわめく。

闇夜でも目が見えるばかりに

小心者の鷺は驚きの悲鳴を上げなきゃならない。

そんなびくびくしながら、

闇夜を透かしみるくらいなら

よほど、見えない小鳥のほうが安気だと思うんだけど、

どうだろう?

「そうだね」

私の隣に座った者は今日はどうやら、水の怪のようだ。

緑の藻のぬめりがすこし乾いてきてる。

それが、この部屋に長い間、居座っていることを現している。

「あんたは、怖くないかね」

水の怪はにたりとひきっつった笑いになる。

乾いた藻が彼の顔をパックのように覆っているせいだ。

「怖くは無いけど・・」

「なんだね・・」

「別に・・・」

「ふ~~ん」

悟っているのか察っせないのかわからないけど
この部屋に居たいものだから、
彼はそれ以上を口に出さない。

『怖くは無いけど・・・その生臭い匂いはどうにかならないものだろうか・・・』

見えることなんか、まだまだ、たいしたことじゃない。

そう思わす匂いに辟易している私の耳に

ギャッ。

また、鷺のわめき声がきこえた。

何におびえてるのかしらないけど、

疑心暗鬼と遊んで居られる鷺がちょっと、うらやましく思えてきた。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2860位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。