画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少し・・

 

2011/04/03 2:55:10

まあ、いろいろな人がいるもんだと思うのであるが、

地震当日から、物語をかいて、投稿している人がたくさんいらっしゃって、

正直なところ、その神経に、呆れてしまったというのもあるし、

一方で、図太い神経であることが、うらやましくも見えた。

あれから、20日が過ぎ、西日本のほうまでもが、意気消沈してしまうのも、

実は考え物で、みんなそれなりに商売があるわけで、

たとえば、飲み屋やパチンコ屋とか?

客は被災地のことを考えると、そんなことしてられない。

って、気分になるだろう。

だが、それでも、そんな気分になれないところでも、その店のものにすれば、

生活がかかっていて、必要じゃないから。そんな金があるなら、被災地の義捐金にまわそうなんてばかりになってしまうと、これはこれで、活性化につながらず、ぎりぎりのところで、やっているところなどは、へたをすれば、店をたたむしかないってほどにおちこんでいる部分もあるのではないかと思う。

ここのところが、むつかしい部分だが、なにもかも、セーブして、義捐金にまわすということをやってしまうと、西日本側が、活性化して、日本経済をもりたてるということがむつかしくなるという部分もある。

外食産業なども、かなり、おちこんでしまったんじゃないか?

とも思う。

実際、おにぎりひとつを4人でわけあい、とか。

おかずもなく、握り飯だ一日1個とか、こういう状況を思うと

外食なぞしてちゃ申し訳ないって、心理もはたらいただろう。

食い物商売は食いはずれがないというものの、

本当に必要な外食と、贅沢な楽しみとしての外食との違いによっても、

暗雲をわけたところがあろう。

まだまだ、いつものように、贅沢な部類の楽しみというものに気がうごかないし、

TVで、贅沢な店で食事をしている場面をみるだけでも、被災地の事が頭をかすめる。

被災したわけでもない人間ではあるが、

やはり、精神的なショックというものをうけていると思う。

本当に復興が見えてきたときには、このあるともいえない憂生の心因性外傷も癒えるのだろうと思う。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3773位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1388位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。