画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんとも、情けないテーマであろうと想う。

【ワシントン時事】東日本大震災の被害や福島第1原発事故が連日、トップニュースで伝えられている米国で、被災者の忍耐強さと秩序立った様子に驚きと称賛の声が上がっている。「なぜ日本では略奪が起きないのか」―。米メディアは相次いで、議論のテーマに取り上げている。

なんとも、情けないテーマであろうと想う。

今、原発でも、命をかけて処理にあたっているというのに・・。
寒さのなか、おにぎり、ひとつを4人でわけあってたべているというのに。
必死で救援している人がいて、
なにもかもなくして越境していった人は、何が必要ですかとたずねられたら、
被災地の人にまわしてあげてください。
と、そういうのに。

何故、略奪が起きないか。

それは、簡単に言えば、多民族国家じゃないからだろう。
いざとなったら、国家がたすけてくれるかどうか、わからない
人種の坩堝のような国では、民族が民族に虐げられていた歴史がある。

日本は人が人を想う。

その一番の根本が「上にたつ人間がすでにそうであるということだろう」

歴史の中で、天皇が
山の上から、里をみてみると、白い湯気や煙が上がっている。
と、いう歌を詠んでいる。

人々が平穏無事にすごしている。良かった。
それを喜ぶ。

「思いをかける」というのが、当たり前の国なのだ。
昭和天皇もマッカーサーに、
「私はどうなってもいい。国民をたすけてほしい」
そう言ったそうだ。
そして、戦後、天皇の御行が始まった。
みんなをはげますために、
復興していく姿をみちどけるために

天皇が、父のような思いをすべてのひとにかけていく。

こういうこと生き方をされた人が、日本人の心、モラル、生き様の倣いになっている。
私のことはどうなっても良い。日本の国民を助けて欲しい。

皇紀2670年だったか・・。

天皇という血筋が今に続くにはそれなりのわけがある。

「私」をなくして「人」を想う。

これが、日本人の「血」のなかに溶け込んでいる。

大和魂なのだ。

国民の父なる存在の無い国。
略奪の歴史をくりかえした国には、
わかるはずがない。

なげかわしい

言っちゃあいけないことだと想う。

だが、報道陣のあの言葉。

被爆で健康を害させる。対処に当たってる人を犠牲にするのか。

その言葉、対岸の火事も良いところじゃないか。

その人たちが頑張ってくれるから
なんとかなってくれるんじゃないのか。

言った報道陣。
あんたもそれでたすかっているんじゃないのか?

じゃあ、危ないからそのまま、放置しましょう。
と、なったら、東北一帯、すべての人がどうなってしまうんだ?

日本自体がどうなってしまうか・・。

危険なことをしてもらってる。
それで助けられている。
という気持ちになれないのかと想う。

対処人員の家族がきいたら、どう想う。

犠牲にするのかとといつめるために
やっているんじゃない。

日本を、みんなを。
それだけしかない。

助けてもらってる。ありがたい。そう思ってくれるならまだしも、
助かっていることさえ、判っているとは思えない、そんな言葉をなげかけて・・。

うちの主人は、命かけてやっているのに、
犠牲にされたという言い方をされなきゃならないんですか?

そう思うんじゃないか?

できるものなら、いかないでくれ。と、
家族はみんなそう想っているだろう。

それでも、国がたいへんなことになるのに。
技術をもつ人間がことにあたっていくしかないじゃないか。

なんとかしなきゃ。

きっと、そんな思いでいったんだと想う。

報道陣の高みの見物の物言いは
自分も助けられている一人だということを
判っている一言ではない。

人員交代しながら、必死の作業をくりかえしている。

感謝こそすれ、
犠牲者扱いの物言いをできるかどうか。

こんな人間がいるから、小手先の理論で馬鹿をいいだして、
自分の状況をわきまえず、人のせいにして、
物言うのが当たり前の感覚を植えつけてしまうんだ。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2306位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。