画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葵・・・終

 そして、今、私の隣に眠っているのは彼でなく

スーパーの男性である。



なぜ、こんなことになってしまったのだろうか・・・・。


そのきっかけを思い出している。



仕事でかなり、神経がくたびれていた。

彼もまた、残業が続き、

たまの休みも一日中アパートの中ですごしているだけで

私もまた、うつらうつら、眠って過ごすことがかさなった。

仕事の愚痴は聞きたくない。

それは私が彼にかせたルールだった。

眠りだけが彼の安息だったのかもしれない。

たぶん、話されたら私は耳をふさいだろうし

彼も男のプライドがあったのだろう。

いっさい、仕事の愚痴をはなすこともなく、

私は彼を強い男だと考えていた。

でも・・・。

私が勝手に作ったルールを律儀に守るということは

いいかえれば、

なにもかもが私の思い通りになっているということであり

なにか、傀儡のような存在が

優しくて申し分のない「彼氏」を演じているようでもあり

その傀儡をあやつっているだけの自分でしかないとも思えた。



ふと、きざした思いが

自分に重なった。

会社で操り人形のように仕事をこなしていかねばならない自分と

私に操られて申し分のない彼氏という仕事をこなしている彼と

どこがどうちがうのだろう?



なにか、大きな間違いというレールをしいているのではないか?

彼との時間をパラレルワールドと感じるのは、

そのせいかもしれない。



仕事のくたびれから

気が付いた彼と自分の本当の姿。



ー私、この5年間 なにをしていたんだろうー



そう思った。

そして、

はっきりと思った。

ーこのまま、また、その状態を維持していく?-


その疑問に

このままじゃいけない・・・と。



気が付いたことへのショックと

会社での鬱積



二重にこんがらかった思いを解きほぐすこともできず

惰性と慣習のまま、買い物かごに品物をいれて

レジに並んだ。



知らぬうちに、あの人のレジを選んでいたのも

自覚さえなかった。

レジをうちはじめるとその人がなにかいった。

え?・・とききなおすと

「めずらしいね。はじめてかな?そんなものをかうなんて」

その言葉に私は初めて、気が付いた。

レジを通った籠の中に彼が嫌いだという食材がある。

それを知ってから、私はそれを食べることはなくなった。

彼の前で自分だけ食べることはできなかった。

だから、もう何年も買うことはなかった。


それを、彼はきにしてもいないし、気がついてもいない。

でも、私はそれが本当は食べたかったのだ。

私もまた、彼が作ったルールにしばられた傀儡であり、

よく気を配って、好き勝手しない彼女を演じていたにすぎないのだ・・・



それを・・・

彼も気にせず、きがついていないのに

このレジだけしかしない男が

珍しいものをかうね

はじめてだね・・という・・・



彼がみていた私はなに?

私が見ていた彼はなに?



当たり前になりすぎた枷?

首輪がないと不安な犬でしかなかったわけ?

お互いが・・・

わかりあっていると思い込むことでつくった鎖?



私の前ににゅっとハンカチがつきだされるまで

私は自分が泣き出していることに気が付いていなかった。



レジを通しおえると、その人はメモ用紙に

何か、書いて、おつりと一緒に私に渡した。

「俺のメールアドレス。いやじゃなかったら話きかせて」

慌てて、財布におつりとメモ用紙をしまいこんだ。



みっともない。

その悔しさから自分でも顔が引きつってくるのがわかる。

それ以上に、そのメモ用紙を突っ返したら
その人の立場がなくなって

今の自分以上にみじめだろう。

かすかにそこだけ気にして・・・

メモ用紙をうけとったにすぎない。

だけど、その人は

「心配だから・・・」と付け足した。

言い訳にも聞こえる言葉なのに、

ふっと、心がほどけた。



なにか、本当のやさしさに思えた。

優しいふりでなく

今一番必要な、

心配だから・・というその心・・・。

なによりも、

あなたが大事・・・そういわれた気がした。



きっと、彼と私は

あなたが大事というふりをすることに酔っていたのだ。

あなたのことを大事にしている「自分」が好きだったのだ。

だから、

相手から自分のことを大事にしてもらえないんだときがついてしまったら・・・

そして、また、

自分で自分のことを大事にしていないんだときがついてしまったら・・・



私は車に戻ると、その人が仕事を終える時間を尋ねた・・・・

そして・・・

もう彼の元には戻らなかった。



関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

11 | 2017/03 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
3246位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1072位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。