画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晒し

あるスピリチュアラーがブログをやめた。


いや、どこかで、まだやってるのかもしれない。


どうも、当初から、気にいらなかった一言があった。


ー地上の皆様へー


と、いう表題だったかな。


こいつ、自分を神さまか、なにかとおもってるんじゃないだろうか?


本人、どういうつもりで、その言葉をえらんだのかは、判らない。


だが、単純、人間の憂生は、


たとえていえば、キリスト教の子羊よ・・という


ものの言い方と同じに思えて仕方がない。


で、途中ではじまったのが、


「みなさま、ライトワーカーなのです」


ライトワーカーとして活躍してください。


みたいな、言い方があり、(これも、どうかと思うが・・ww)


憂生の中で、落ち着いた女性の声があった。


ーライトワーカーになるのは、ご辞退しましょうねー


と、いう。


この段でいくと、そのスピリチュアラーはある意味、本物だとおもう。


それで、どこまでのレベル?なのか、判らない状態で、


自分の中から切り離すというのが、納得できなかった。


と、いうのも、いくつか、憂生がきいていた話と符合するところがあり、


真偽というと、失礼だが、判断つきかねていた。


ある日、他のブログにいっていると、


そこにある写真をみてみろと誰かが言う(伝える?)


みていても、写真でしかない。


なにか、しゃべってるのが、わかるか?


と、いうような思いがわく。


やはり、判らない。


すると、次の日だったか?

そのスピリチュアラーが、第8霊界?から花の女神がつたえてきた。


とかで、なにか記事をかいていた。


この時点で奇妙なことだと思った。


つまり、憂生の段階では、そんなことがキャッチできないわけで、


レベルがちがうんだなあ。と、いう思いがわかぬでもなかった。


だが、


なにか、わからないが、違うという思いがする。


それをみきわめないと、すっきりしないwww


そして、あるとき、ふっと思った。


この人は、なにかを、わかってない。


大本神喩・・など、いわゆる日月神示をよむといいのに・・・。


すると、しばらくしたら、


ひふみ神示を現代語にわかりやすく書くように神からつたえられた。


と、現代訳?をやりはじめた。


そのあたりで、不遜な言い方かもしれないが


ひょっとしたら、


憂生の思いがつたわったのかもしれない。と、おもった。


読むことで、自分と対峙していく。

そのスピリチュアラーは、自分の「なにか」にきがついていくだろう。


と、


ところが、その現代語訳が・・


臣民が、というあたりが、


ライトワーカーという言葉に置き換えられている。


これは、憂生の勝手な介錯だが、


臣民というのは、自分の魂(身魂)とむきあって


魂の赴くようにやっていくという意味合いであり


このほかにも、日本という国を思うとか、


いくつもの意味合いをもつ言葉であると思う。


それを、ライトワーカーとしてしまうのは、


我田引水より、ひふみ神示の皮をかぶって


自己論理をおしすすめようとするふうにみえて、


(私のいってることは、本当です。ひふみ神示でも、そう書いてあるでしょ?)


と、やっているように、みえだして


以後、ちかづくのをやめた。


自分がどうやって、「魂」を向上させようとしているかという


臣民であるというより


因縁やカルマをぬけでないと向上しない。


私は向上している。


なぜなら、第8霊界の花の女神ともはなせているのだから


と、いうような、思いあがりで


ー地上のみなさまへーと、いっているようにみえて


元の思いが、そうであるのなら、


そこに引っ付き歩いてる人間もそういう「業?欲」を被る。


正直、言う。


はやく、やめてくれればいいのに、と、おもっていた。


霊界とか、見えない世界のことが、わかるあまり


それらをつたえなきゃいけないという思いにたちはじめたのだろうし


ライトワーカーになろうという思いもあったのだろうけど


それこそが正しいと思うあまりが、言葉のはしばしにでているきがした。


そして、なにがあったか、しらないが、


本当のことを書いているとか?


妙なタイトルがめについて


ひふみ神示をかくのもやめたようで・・・。


神様から伝えられ、自分の使命だと思ってやる、と、いってたのは


どうなったのやら・・・。


おそらくでしかないが・・・。


なにか、憂生のように、変だなと思う人がなにか、わからないまま


言ってることが本当じゃないとでも、糾弾しはじめたのだろうか?


言ってることは本当だと思えるところはいくつもあったが


それを、自分の中で、検討して、


自分の中で、消化していないという感じはあった。


まあ、憂生もいろいろ、不思議なことは体験している。


よく、引き合いにだす、


ネッ友の自殺未遂をキャッチして、生きろという念を送り続けたという話があるが、


自作、白蛇抄の中でも書いている通り


ー自分の因縁がきれいになってないから、同じような因縁(この場合、自殺未遂)をもっているものをひきよせるんだー


と、いうとおり、


実際、後に憂生自身が、死のうかとおもうことがあったわけで、


そのときに、「死ぬな・生きろ」という念(声?思い)がはいってきた。


まあ、そこで、お前のいう事が本当なら雨をふらせてみろとやれば


青天さなか、にわかに空がかきくもり、ぽつぽつと雨がふりだす。


まあ、そんなことはいいんだけど、


結局、情けは人のためならずという、お登勢のラストあたりの言葉がある。


人に情けをかければ、それが、いずれ自分にかえってくる。ということになってしまうわけだけど、


逆発想になるけど、


憂生自体が、そのまま?いったら、死んでいたのかもしれない。


それが、そのときをみこしたなにものかが、


憂生に自殺未遂の念をキャッチさせて、


情け(というかいきろというエネルギーを)を、かけさせておくことにしたのが、


後になって、自分に帰ってきたんじゃないか?


と、考えると、


自殺未遂を助けた?つもりでいて、


実は、そのときに(後年の)憂生がたすけられていたわけになる。


そういう風に、かんがえると


そのスピリチュアラーがやっていたことは、


憂生でたとえれば、自殺未遂をたすけてやったんだ。と、いう立ち居地に見えて仕方がなかった。


まあ、他のことでも、


おもうのが、親とおなじことをくりかえして、親の気持ちをわかるという場合がありえる。

そのスピリチュアラーの親もおなじように、人に話しに行ったり

宗教活動にいそがしかったらしく、お弁当をつくってもらえなかったので
自分はそうはなるまいとお弁当とか食事はきちんとつくるようになっていたらしい。

そこのところも、そうならざるをえなかった親の宗教活動への思いをわかっていなかったところがあるのではないかと思う。


つまり、そのスピリチュアラーが、わかっていたのは、


お弁当をつくってもらえなかった自分の気持ちであり、


逆をいえば、作るようにこころがけれるようになったのは、


つくってくれなかった親のおかげであるのに


親はそうだったから、ああはなりたくないというような


自分のアンダーチルドレンをなだめていたようにみえた。


それで、自分自身も宗教活動的なことをするようになって
たとえば、

ああ、お弁当つくるどこじゃなかったんだってほど、人のこととかに親身になっていたかというと


あやしいわけで・・。


親とおなじとこをとおってみて、こんな気持ちだったんだなと


親の気持ちがわかるというふうでもなく


自身の凹み?親への理解?ひとつ、ライト(明らか)に出来ない状態で


人様にライトワーカーになりましょうって、いったって通じないだろう。


まあ、厳しい言い方だけど、


あえて、憂生もそういうところがあるからこそ


ー自分の因縁がきれいになってないから、同じような因縁をもっているものをひきよせるんだー


で、あるからこそ、そういう人を


本人は本来はそうじゃないだろうけど、


そういうふうにみてしまう自分であるわけで、


そこを自分につきつけておかなきゃならないとおもうから、


憂生は批判や非難はかまわないという。


あくまでも、自分につきつけていくということを目的として。


だから、あくまでも、本人が(そのスピリチュアラーが)本当はどういう人で


どういう思いや考えであったかはわからない。


あくまでも、そう見えるという下種な憂生であることの披瀝でしかない。


あるいは、自分の下種な部分をしっておくためでしかない。


ひどい人間であるのは、憂生のほうであることは、


さらしておく。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1885位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。