画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

―法祥 回向せしむるかや ―に寄せて・・

この作品を読み直すとき

かなえがうかんでくる。

光来童子と一緒になれぬなら、かなえは死にます。

その言葉とおり、

思いひとつを胸にだいて、天守閣より舞い落ちる。

そして、法祥 回向せしむるかやのラストあたり。

******

―ほほう―
堂のやねにとまったか、ふくろうの声がやけに近い。
「法祥・・ほうほう、ほうと鳴け」
法祥は白峰の声をきいているのであろうか?
白峰は委細を構わずひとりでしゃべりはじめていた。
「しっておるか?ふくろうの鳴く声を・・」
法祥の回向経は止む事はない。
それでも、白峰は喋る。
「ふくろうは夫婦になると決めたら、
たとえ相手が死んでも、そいとげるそうな」
法祥の返事はない。回向経が低くこもるだけである。
「しっておるか?ほほうという一声は、一声ではない」
番になったふくろうの雄は「ほほ」と鳴く。
「ほほ」と鳴いた雄のあとに、
雌は間髪いれず「ほう」とこたえる。
これが人の耳には「ほほう」と一声にきこえるが、
事実は二羽のふくろうの重なりが
余りに間をいれないせいで、一声に聴こえるのである。
「雄がほほと鳴くとすぐさま雌がほうと応える」
―けちみゃくのいっさいをわれにあたうるとなりて、
ここにわれのけちみゃくをつぐとなる―
法祥の回向はつづく。
伊予は法祥の弟子になる。
つまりは、釈迦無二仏の弟子の縁を結ぶのである。
教えを知り、悟りを知り、極楽の在ることをしる。
―執心無縁。仏の心に在ならび、われをしりてや―
法祥の回向を止める気はない。
「夫婦はかくもありたいものであるがの」
ふとためいきがでそうである。
「片割れが先にしんでしまうとな」
ひのえの心は白峰にない。
かたわれをなくしたふくろうは、法祥だけでない。
「雄はもう、鳴かぬのだ」
―相空無縁。一切衆生しるところ、空即是色、色即是空、
これすなわち執心をときはなち―
「かたわれを失った雄はの、二度と鳴かぬ。
精一杯、胸の中でだけ、ほほ、ほほとさけぶという」
法祥の瞳から滂沱の雫がながれおちてゆく。
―虚空無縁。衆生無縁。紫檀居士。
御品(おんぴん)一切、無縁―
額づく法祥を見極めると白峰も深い呼吸をついた。
「わしも同じ、ほほ、ほほ、と鳴かせる想いは胸の中。
されど、どんなにくるしゅうても、
この思い、なくしとうはない」
手を合わせ、白峰に合掌する法祥であった。
「想うだけ。想うだけ。されど。この想いだになくしとうない」
へたりと頭を下げる法祥をしると、
白峰は姿をくらませていった。

*****

想いひとつを胸に、生きおおすも

想いひとつを胸に、死ぬにしろ

失った悲しみにうちのめされて、己を不幸にしているより

死をえらぶか、生を選ぶか形は違えど、

指標・めどうをもつということが、主体的に生きるということになるのだろう。

こういう物語は、わりに多いと想う。

考えてみれば ブロー・ザ・ウィンドウもそうだとおもう。

どちらかというと、

失った悲しみにうちのめされて、己を不幸にしている。と、いう不幸に焦点をあてているが

悲しみ・過去にふりまわされ、自分の主体性をなくしているという点ではにている。

アランは言う。

「生きてたって事を認めてやりたかったら
同じ様に死んだって事も認めなきゃ。
アンタの思ってるテイオってのはアンタが生み出したゾンビなんだよ」

憂生は想う。

そして、レフィスも自分をゾンビにしている。

*******

ないてるレフイスだったけどそれでもアランは言ってみたかった。
「なあ。アンタの人生は死んだ人間を思って
悲壮感に包まれて終っちゃいけないんだ。
其れじゃ、アンタもしんでるって事なんだぜ。
生きてるって事は誰かを幸せにしてやんなきゃなんないって事なんだ。
アンタも誰かを幸せにしてやんなきゃいけないのに、
テイオの事ばっか考えて、生きてる人間所か
テイオを自分も回りも全部不幸にしちまってるんだ」
「まわり?」
かすかに小首を上げてレフイスはアランに問い直した。
「アンタが生きてる事をよろこんでる、皆さ」
「・・・・」
「皆、アンタに幸せな女の子であってほしいんだ」
「・・・・・」
レフイスの瞳の中の哀しい色が少しだけ薄らいだような気がした。

******

ナゼ、このようなテーマを打ち出してくる憂生なのかはわからないが

ひとつだけ想う。

それは、ささいな怒りや腹立ちにとらわれてしまうことも、

己をゾンビ化させているのと、

50歩100歩なのではないかと・・・

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3615位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。