画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つの書評・・ブロー・ザ・ウィンド

書評から・・・・

前回応募作の「白蛇抄」同様、やはりこれらの作品にも「憂生ワールド 」と呼べる物が確固として存在している。

細かい心理描写の積み重ねによって織り成す著者の人間ドラマ は、恋愛というテーマを掲げながらも、決してそこだけには留まらない。とりわけこの三作品《蛙・・他)に関しては、「人間」と云うものを真っ直ぐ見据え、人が生きるという事を誠実に問う姿勢が終始貫かれており、静かな感動に満ちている。

● まず『ブロー・ザ・ウィンド 』は、「大切な人の死」を乗り越えられずに苦しむ女性の葛藤と、そんな彼女を愛し、見守る男性とが次第に心を通わせ強い絆で結ばれてゆくという、恋愛小説の王道とも呼べる物語。

文章には「青さ」が残るものの、心理描写に長けた著書らしく、精緻に主人公らの心の機微を描きとっている。

また「吹き返した風が風見鶏 を再びくるくると回らせ始めるとレフイスに早くおいでよといわれているように思えてアランは足を早めた」といった一文に著者の感性の鋭さ、作家としての嗅覚のよさがきらりと光っている事も見逃せない。

おそらく是は、タイトルの「ウィンド」を意識して挿入された一文であろう。二人に「しあわせの予感」

がほんのりと感じられる表現が秀逸である。

構成的にも読みにくさは無い。

だが、やはりきにかかるのは冒頭部分である。振り返って読まなければ判断できない事が多いのだ。


書評より・・・・

幼馴染の残した1冊の日記が主人公に投げかける波紋、

//ありえたかもしれない未来//
に、揺さぶられる主人公の心情が、繊細で
イマジネーション あふれる筆致で描かれととも好感が持てます。
亡くなった者を想う切ない悲しみと今を生きる人間への愛しさが交錯しながら、
全体に優しい「風」を感じるのは
「海」という背景が
ストーリー に豊かな表情をあたえているからでしょうか?
主人公を支えるアランに温かな人間味があり、
情感豊かなラストシーンが印象的でした。
読者の深い共感を呼ぶと共に、今後の筆者に大きいな可能性を感じさせる作品です。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6735位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2484位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。