画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滅びてはならないもの

古代史に興味があるなかで、
じつはもう一つ前の文明?というものを思う。

この考え方は猿の惑星による、衝撃からすりこまれた感もいなめなくない。
地球を飛び立ち、アクシデントだったとおもうが、不時着した惑星が
猿の惑星であり、猿が支配していた。人間は原始人程度の知能で
猿のした、奴隷として働かされていたと思う。

不時着した地球人は、いろいろあって猿の惑星から脱出するために
ロケットをさがしにいくのだが、
いったところでみたものは、顔半分まで砂にうもれた自由の女神で
ここが、未来の地球だったときがつく。

この映画は非常に示唆的だった。
現代でもいわれているように、たとえば地球規模の災害がおきたとき、
人間は生き延びれるだろうか?
突然の氷河期や火山の爆発、洪水に地震
通信網も電気製品も役にたたず、
家も失い、食料もない
なにもかも失って裸でジャングルにほうりだされるより
もっと悪い状態になる。

このときに人間の精神も崩壊するだろう。
いままで、たよってきたものが何の役にもたたない。
多くの仲間をうしない、
へたすれば、閉ざされた状況のなか、
自分が他の人間の食料にされるかもしれない。
自分を護るものは自分しかなく
あるいは、自分も仲間をおそわなければ死ぬかもしれない。

こんな状態になって、精神が崩壊しないわけはない。
ただ、ただ、本能のままにいきのびて
なんとか、災害がおさまったとき
おそらく、最初にすることは水の確保と火の確保
そして、食料を調達しながら、住むところをつくり
先をみこして植物をうえる。

つまり、原始時代にもどる。

数学や科学が得意であっても、もう、そこには
そんなものを必要とするものがなにひとつない。
この場所に住んで大丈夫か
火をたやさないようにするにはどうしたらいいか
獲物はどこにいるだろうか
この植物はたべられるだろうか?
どうすれば、雨がふきこまない家にできるだろうか?
その材料はどうやって調達すればいいか。

高等数学や言語学やそんなことをやっている場合でなく
ただただ、どうやっていきのびていくか。
それだけが必要になっていく。

そして、いつしか、昔の文明などしらぬものばかりになり
たとえば霊能者や巫・巫女などをたよるようになるだろう。
明日大風がふくから、いったん、洞窟の奥に避難しておこう。
と、いうように、おしえてくれる人間の指示にしたがうようになる。

暮らしが楽になってこなければさらに便利な生活技術も発達していかないだろうが
生活技術がはってんしだすと、人間も安心して子供をそだてられるようになり
いろんな技術がさらに発展していくが
その期間が約1万年ほどのことであり
それ以前に文明がなかったといだすとなれば
笑止だろう。

今まさにうしなわれた文明になりえる危険性を思えば
なおさら、未来の人間が
以前に文明はなかったという言葉をいうだろうとおもうのとおなじように、
昔、今以上の文明がなかったと考えるのも妙なことだと思う。

その失われた文明の住民の霊言を
宇宙人の言葉としてきくものも
高次元の神の言葉としてきくものもいるかもしれない。

どうすれば、良き人間性という精神を崩壊させずに
いきのびることができるか。

技術や文明など
なくても、いずれ人間はまたそれをてにいれられるけど
良き人間性というのは簡単にてにいれられず
悪しき人間性をのこしておけば
結局、地球を滅ぼす元凶をつくりだすだけだろう。
関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2306位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。