画像1 画像2 画像3 画像4

贈る言葉

先日書いた記事から抜粋したものをはりつけたのですが・・・。

たとえば、滋賀県では滋賀商人が通ったあとは、石ひとつない。
(これらが何を視差するのか意味かわかりませんが)
若狭地方では、若狭の連れ小便
土佐のいごっそう?
長野のおおめしぐらい

など、土地柄やその土地の人間を表す言葉があります。

日本も世界的見地の人類学からいうと
(どこの見地かわかりませんが)
「みんながやるなら我もやる」
と、いう意識があったようで、
よく、風刺的に舟が沈みかけたときに
「みんな、海に飛び込んでますよ」というと
舟から逃げ出す。

そんな風に、大雑把でありながら、その時点で的を得た評価?があるように
(それは、また意識化によって変わっていくものだと思います)
日本の各地、世界の各地に土地の風土というものがあるのだと思います。

この記事をかいているとき、いくつかのことがうかんでいました。

御霊のことを教わったとき、
御霊を(へそ)ともいうのです。
と、おそわったのです。
そして、日本は世界のへそであるともおそわりました。

今、SPの世界では、古代史・・特に古事記を中心に
SPの世界の真相を知ろうとしているところがおおくあり
このあたりのことや、神喩などからも、
天皇の存在も浮き彫りにされ始めています。

日本が世界の意識を変えていく。
その日本の意識世界のへそが天皇であると思います。

そして、憂生がよく口にする
裏天皇が実は個人個人の御霊であるわけです。
その裏天皇は
表の天皇のように
さざれ石の巌としての姿という
天能の姿でなく
大本神喩がいわれるように
まだ君臣の状態で
御霊というのは、身と霊がひとつになった姿だと考えられます。
御霊の状態になれたら(身と霊がひとつになった姿)
天能【天が能く】になるわけです。

まだまだ、御霊通りになれなくて
憐れな状態の自分でいると
「憐れじゃなあ」と、意識がささやいてくるのです。
これも、「吾」と「我」の状態だったときがついたのです。

そして、昨日の事件
焼身自殺
ぱっと、その「音」だけがはいってきたとき
小心自殺と思うのです。

小さな心とは、
我と吾ということしか見ない心なのだと思うのです。
あるいは、今のことしかみない。

そして、今、地球の現象は
人間の思いからなるものだといわれています。

憂生は自分の小心や昇進や傷心や焦心しかみておらず
これが、彼の焼身自殺という現象にむすびついてしまったのではないかと思えてしまうのです。

自分が変わらなければ世界は変わらないとまで思うのは
おごりかもしれませんが
世界・地球にかかった封印や呪縛をといていく鍵は
自分個人にかかった封印や呪縛をといていくことで、
顕れてくるのではないかと思っています。

事件をみて、多くの人は
「迷惑な。こっそりどこかでやってくれりゃいいのに」
と、おもっていたようです。

ですが、
彼の背景をみると、金がないとか、
物質文明のあくにおかされていたことはいなめません。

彼をみて、迷惑だと思う前に
なにか、大切なことをおしえてくれているとさとって
かえていかなきゃならないことはいっぱいあるとおもうのです。

彼に家族がいて、普段から様子を気にしてあげられる人がいたら
愚痴でも何でも、きいてあげて、上手に心をはらせてあげられるひとがいたら
と、そんなことを考えると
自分良しの社会の弊害をうけた被害者の姿としてもみえてくるところがあります。

たったひとこと、声をかける。
相手の様子をきにして、心を配る。
そんなことを、もっと、みにつけないと
同じことのくりかえしになるのではないかと思えるのです。

まきこまれた人についても、
おなじように、
人のことなど知らないをつづけていけば
いつ、自分も巻き込まれてしまうかもわからないのです。

憂生は今、ここで、大きな愛を贈ります。

ーみんな~~~!! 愛してるよ!!~


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10063位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3221位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク