画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物語によせて・・・

憂生の物語のいくつかが、書きかけのままになっています。

これは、チサトの恋。白蛇抄第17話ー銀狼ー。ニギハヤヒの視点からのぬながわひめ。
ななつぼし天道虫。 烈火のごとく。あおによし(聖徳太子) 白い朝に・・ほか数編が
完成していません。

もともと、今で言う両性具有【精神面】の物語をかきはじめて、
頓挫して、断筆しました。

と、いうのも、自分が本当に実感していないものは、かけない。と、気がついたからです。
社会人にもなっていないものが、社会にもまれる人間の心、底で何にきがついていくかということが
想像することすらできなかったのです。

そして、10数年たったある日、神がかりといっていいか・
小説の神様がおりてきたwww
1年の間にメールから日記から手紙からいれたら
500万文字以上の文字をかいていたのです。

この物語のしょっぱなは
二次創作だったのですが、
「性は心が生きる」ということをテーマに
性をいかに、「セイント」なものであるかということを
主題にしてきたと思います。
性にあやつられるのでなく、
性を心の表現としてとらえていくという感じです。

怪しげな表現も多いなか
性白書のように思える。と、受け止めてくださる方もいらっしゃって
感謝しています。

そうこうするうちに
自分が読んで納得するものをかこう。
と、いうか、むつかしいレベルであっても、
わかりやすくとか、読者に売るためでなく
自分という読者の目に答えられるものを書きたいと
書き始めたのが、陰陽師ものである白蛇抄でした。

このなかで、いろいろと、自分の煩悶をうつしこんでいますが、
結果的に奇妙なシンクロがおきてきていて
とくに、かけていないのが、銀狼です。

話が飛びますが、
いろいろと、封印のある場所をしらべていくうちに
ひとつの話にいきあたりました。

その話がまた、白蛇抄中の白蛇神である白峰という名前と同じ方である縁故の方の
ブログから、えたものであるのです。

それは、琵琶湖。
竹生島の話と
琵琶湖のどこかに一種時空のさけめがあるような話でした。

そこに、封印があるとしたのが、
銀狼の話で
これは、沖の白石が山の神の娘が身をかえた姿です。
雷神の朋友である、いずなが転生したのが、銀狼で
銀狼は山の神の娘に懸想したのです。
山の神の娘はいわゆる犬神つきとなってしまい
たとえ、わが身が死んでも、その子孫などにまた犬神がつかれるとわかって
あえて、沖の白石に身をかえて
銀狼からのかぶりがほかにうつらないようにしたのです。

その銀狼もまた、山の神から呪縛をうけて
死ぬにしにきれないからだになっていました。

そこで、陰陽師たちは、
山の神の赦しをえることと
白石にかえられた娘を救い出す(元にもどす)法をおもいつくわけです。

物語はここまででとまっています。
つづきは

その法は、
銀狼がかわりに白石になるということです。
そして、銀狼が
白石に封印されることにより
いずなの魂が開放されることになるのですが
その開放のしかたも、
雷神が白石をこっぱみじんにうちくだくことで
できるかもしれない。というものでした。

物語の終わりでは
それは成功して
いずながよみがえります。

この雷神も榛の木にふうじこめられていたものでした。
(白蛇抄  第6話 邪宗の双神  )

こうやって、雷神といずながそろったとき、
ふと、おもったのが、
風神・雷神図でした。
俵屋宗達の・・・

いずなは風の神というのが、本当かもしれませんwww.

いずなは伊豆名とおきかえられるところと
銀狼は
銀【宇宙】のうしとらこんじんの借りの姿ともおもえ、
なにか、重大な秘密をときあかしているのかもしれないとおもえ、
続きをかくことがおそろしくおもえていたところがあったと思います。

されど、物語は完結してこそとおもっていますので、
いずれ、書くと思っています。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10936位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3867位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。