画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白蛇

日本人はドラゴニアンという話をかこうとしたら、
「うそつくな」と、「本当か?」と中から、いわれたところで、
ブログを捜し歩いた。

そこで、見た記事が衝撃的だった。
以前、石神のことをしらべにいったとき・・
そこをみていた。

それを調べに行ったのは
八幡神社の鳥居の前で
御霊に刺すような痛み、針で突くような痛みが腹をさしたことがある。

そのとき、地神の石碑が近くにあり
石神とは、なんぞ?と非常にきになって調べに行った。

石神井や、塩坂越も石神【しゃくじん)からであるとしらされた。
そのおりに、岩船神社とか、そういう石や岩でできた御神体もそのようであると知った。

しばらくして、
ある場所で地神の石碑をとおりすがりにみたとき
蛇神とみえて???
疑問をいだいていた。

ちょうど、吹き上げが押さえられた後だと思う。
中から
ー鎌首をもたげているー
ーとぐろをまいているー
と、声がひびき
白い蛇が卵のようなものを抱いているイメージがあった。

なにか、まもっているようにも、
すきあらば、のみこもうとしているようにもみえた。

その後、石からうまれた猿もきになり
きんこ環?を頭にはめられたようにおもえていた。
たぶん、相方のことだろう。

そういうことがあったので
神道家が身体にもぐってくれたとき、
2度目に鬼と蛇がいるといいだして
鬼と蛇についてしらべまわっていた。

ちょうど、白蛇抄という物語もかいていて
奇妙な合致もあった。

そして、ある事件をきっかけに
憂生自体が泥の中にもぐった状態になっていて
最近、復活www

そうすると、とたんに浄化促進
チャクラのぼわつきがはじまり
以前とおなじような状態になりながら
今度は間違いなく自分の浄化がはじまったとわかってきた。

その中で、いろんなささやきがおきるのだけど
これも、自分の思い【過去のものをふくめ)
御霊にかぶせたものが、でてきていると思えた。

そこで、はじめて  蛇の二面性におもいあたった。
そして、箱舟でかいたように
意識をはしごに蛇が御霊をのっとるとおもえはじめていた。

そのおりに
鏡のような感じの人のところにいったとき
白龍から?
「わがこよ」ほかいわれ
これも不思議なのだけど、
メールが光ったときと同じように
相手の感情?がこちらにながれこんできたようで
憂生はなぜか、サードアイのところに手をあてていた。
【たぶん、むこうがそうしてほしいと思った)
そして、そのあとに

トンボの写真をみていたら、
御霊がころころと音をたてていた。
これもわからないので、
ウィキをしらべたら
「とんぼは蛇に危険をしらせる」
と、いうことで・・・
白龍がわがことよんだのは「憂生のなかの白蛇」にたいしてであろうとおもっていた。
いろいろと、声と問答をしていたところもあるのだけど
奇妙に気持ちが明るくなってくると、嫌なことをおもいだしたりしていた。
つまり、邪の思いをわかさえて、その思いをくっていた?ところがあるようにおもえ
もう、明るくなっているのに、いつまでも、落ち込むのはおかしいと気がついたころに
とんぼのことで御霊が音をたてていたので・・・
へ?憂生の御霊はすでに蛇になってしまったのか?
と、また、まよいだすというお粗末な状態のなか
問題のブログにいってみた。

読む。
衝撃をうけたのは、白蛇も龍神も邪神であるということだった。
そこで、はっきりと、自分の意識をさわっているとわかった。
たとえば、タバコをすえば
おまえ、がんになるぞ。
こういう話を書こうとすると、
お前、神をさばくなどしたら、死ぬぞなど
逆にいえば、おいしいえさを得るために不安をあたえるというかんじになっていたので
「ああ、死ぬ」「しんでやるぞ」「ああ、かまわん」
と、ひらきなおってしまった。
すると、いざこざあって、白蛇が死んだ。

そこでやっとわかった。
ートンボをみて、御霊がよろこんだのは腹の中の白蛇に危険が迫っているとわかったからー
よこしまな思いがなくなる・・といってもよいだろうか。

なにか、まだ、いるのだけどwww
本人【蛇)はおおひめむるちだといっている。
天をてらす役目にかわったらしいwww

天をてらして、うけたことを言う。
と、いうことらしく、
白龍と対峙したとき
憂生の守護神は
うけのみたまとうがやふきあえずとうかばされていたので、
そこは、エンパス能力という受けの御霊なので、正解だと思っている。

石神が月神であり、ニギハヤヒなのは、いまや良くしられているが、
ここも、ひょっとすると、
うがやふきあえあずのかくれみのか・・。

うがやふきあえあずの使いは「鵜」
にぎはやひは「うさぎ」 鵜詐欺ではあるまいな?

と、いいつつ、この前、白い鵜をTVでみたしwww
証かも?

うがやふきあえず
宇が、屋根をつくれなかった。
(宇・宇宙・神)
・・・・。

そのせいか・・・。
オーナーが車の天井をはずして、はめなおしていると
涙がこぼれてしかたがなかった。
擬似的体験になったのかもしれない。

ウサギ 兎に角
戸に書く・・・
ふるべゆらゆらは
鎮魂法・・。
よみがえりの術は鬼道
四国、剣山に封印されているのは
三種の神亀・・・?なぜか、亀になる・・・。

木賊の神宝は木賊(とくさ?)ん?

木賊は草のやすり・・みがく

磨かれた魂と十【縦の筋と横の筋が整った様子)とをあらわす、とくさが
にぎはやひの神宝だった。

神の状態になっているにぎはやひをころすとおそろしいので
封印・・・か
調神社・・だったかな・・

むしろ、
四国の剣山?石槌山に封印。
対岸に宇土神社?(宇・槌)
石槌山のへこみは槌で打ったからだったかな。

へこまされた槌が宇土神社?

宇が屋根をつくれなかったというのなら、うがやふきあえず
にぎはやひ=うがやふきあえあず
月(にぎはやひ)が地球を防衛しきれなかったと、考える。

月の神は兎に角・・角がはえていたか?

戸に書く・・・入り口   月に入り口が在る?

ながくなりすぎて、頭・・まわらなくなってきた。
一端休止
関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5794位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2141位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。