画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レトロウィルスと大和魂

先日、TVをみていた。
何でも、祖先とされるねずみ?のはなしで
はじめは卵で子供をうんでいたのだけど・・・。

あるとき、レトロウィルスがはいりこんで、
それで、おおくのねずみがしんだのだけど
かろうじて生き残ったねずみの遺伝子の中に
レトロウィルスの遺伝子が入り込んで
それが、元で胎盤ができて
子供を異物として排除しないホルモン?のようなものも
形成していったらしい。
(ちょい、うろおぼえなんだけど)

こういうのが、今なのかなと思う。

実際、遺伝子が12本とか?いう子供がうまれてきつつあって
そのレトロウィルスにあたるものがなにかわからないのだけど
確実に種の保存が起こり始めているのだろうと思う。

ふと、思うのは
原爆とか、レントゲンとか、宇宙からの放射線の増大とか・・。
こういうものの、じつは、
遺伝子にとってのレトロウィルスになっているんじゃないかと。

もっと、別のものかも知れないけど
たとえば、日本人のDNAを調べると
氷河期を乗り越えているという痕跡があるらしい。
他の民族は氷河期時代にDNAに変革がおきていて
DNAを変えて生き延びている。
その痕跡が日本人のDNAにはみあたらない。

これがどういうことになるのかわからないけど
日本人のDNAはかなり古いものを継承しているということになる。

日本人に多くありがちなエンパス能力なども
してみると、このDNAがなせるわざとも考えられる。

エンパス能力は
簡単にいえば、他のものの心などわかる。と、いうような力で
(もっと、厳密にしゃべらなきゃいけないんだけど)
感応力がある。

相手の身になる。という言い方が適切かもしれない。

こういう集団だったから、いちはやく、相手の窮地にきがつき
たすけあうということに特化していただろうし
魂【御霊)の声をキャッチしたり
予感や予知、木や石ともしゃべれただろう。

こういう能力がいろんな災いを回避させたり
弱った仲間をたすけたりと、いうのがあったのだと思える。
これが、氷河期にDNAの変革をおこさずいきのびた理由と思える。

DNAの変革というのをレトロウィルスでかんがえると
種のほとんどが死に絶えるということでもあろう。

それが、日本人にはない。

それが、ひとつにエンパス能力のようなものがあったせいならば
この「仲間を助けていく」ことが
大きなエネルギーになって発動することもありえると考えられる。

結局のところ、
霊的にかんがえれば
霊は「思いの世界」である。

ここにみんなを助ける。
思いを救う。
と、いうことがおきてくるわけだから
確かに、この先のアクシデントのときに
日本人と天皇が世界を救うという言われ方をするのもうなづける。

天皇は無私と慈愛などなど
生きた人間としての見本というか
雛形というか
どういう風に生きればいいかというときに
なによりも日本人の心のよりどころになるひとであろう。

いつでも、平和を願い、国民の幸せをいのり
自分のことなどいっさいあとまわしであり
それさえも、天皇という制約の中に身をおいている。
自分のわがままなどいっさいほうりすててしまっている。

こういう方がいらっしゃるから
日本人は本当の「徳」を知っている。

レトロウィルスが種の保存にDNAにかきつけて変革をおこしたというのなら
天皇の生き様、存在は
日本人の魂に変革なしに生き方のみちしるべをかきつけている。
と、おもえた。
関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2767位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。