画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和を借りる

昨夜から朝まで、妙な状態になっていました。
頭の中に言葉が浮かび、わけのわからないことばかり。
自分、狂ってしまうのかなあなどとぼんやり考えてしまうし。
そんな中、奇妙に性欲をかんじるのですね。
それが、おそろしくもあり
その感覚にひきずられていくところもあり・・

頭でゆっくり判断できる状態ではないのです。

これは、あくまでも、憂生の考えです。
たぶん、死に掛けていたのではないかと。

そのときに、性のエネルギーみたいなのが、
生きるエネルギーとしてわいてきたというか、
これで、なんとか、生きていた。

と、いう状態。

いろいろと、SP関連の記事をよむと、
その情報の多さに整理がつかないまま
いろんなことを思います。

何を思ったか、自覚がないまま、
次々、思ってはほったらかしになってしまうのです。

だから、どのことが、
原因でこういうことになったのか、
はっきりつかめていないのです。

だけど、
いくつか、思うところがあります。
「否定」ですね。

こういうことの内容をはっきり書くと
そこに、根拠が必要とか
説得が必要とか
でも、それは、自分より優れたものを
受け入れたくない。
とか、そういう心の裏返しじゃないのか?
とか、
そこで、もっともらしい説をひっぱりだしてきて
自分を納得させようとしている。
とか。

いろいろ、自分を煎じ詰めているうちに
元の思いから、離れていく。

この思いを一度、手放してみようと思います。

憂生は
高次元とのアクセスというのを疑っています。
特に、キリストという言葉がでてくると
にせものだと思います。

根拠になっていることは
「キリストもひとつの天だから」
と、いう言葉からです。
それは、キリストもひとつの天に間違いがない。と、いうことです。

では、そこまで、断言されるのに
なぜ、そっちのほうがいいよ。
と、いわないのでしょう?

それは、その型が
私達、日本人の御霊とは、
合わないのだと思うのです。

たとえば、
今の日本の若者は仮に戦争になったら
まともに戦えない。
と、言う言い方をされます。
戦争がいい、悪いということでなく
憂生はそんな洗脳をするキリスト系のやり方に
疑問を感じます。
実際に戦争になったら
日本人の御霊は
「国のため、家族のため、愛する人のため、尽くします」
大和魂というものが、どういうことであるか、
大儀というものがどういうことであるか
日本人の御霊は必要なときにぱっと切り替わるのです。

以前も東北地震のとき
日本人は暴動も起こさず、きちんと順番を守って・・と
すばらしい国だと外国の人からいわれました。
それをきいて、頭では、馬鹿じゃろって。
自分の国のレベルが低いだけじゃないかって。

そういうレベルの低さから、
判断したかのような
ふぬけの日本人というものの言い方
判断のしかたがすでにおかしいのです。

日本人には
大和魂がある。

それを思い起こさせてほしいわけです。

ふぬけのような日本人だと洗脳し
戦いは避けるようにしなきゃいけない。
愛があれば戦争はしない。
それは、貴方達のレベルでしかない。

もともと、第二次世界大戦は
アメリカの貿易封鎖などから、
日本をおいつめ、
アメリカは真珠湾を囮、生贄にして
日本に先に手をださせるように仕向けたのです。
そして、日本人は自分の国を護るために
八宇一弦・・というアジアの解放を目的に
平和な国を築こうとしたのです。

アメリカの国家策略のどこに愛があったというのでしょうか?

そして、日本が原爆を落とされました。
不思議と日本人は「恨む」ということをしません。
これを「のさり」【神がのってきたこと】とうけとめたり
きれいに水にながしたり
敗戦国なのだということをうけいれ、「潔い態度」を見せたわけです。

キリストが贖罪をうけて・・という言い方がありますが、
日本のこういう態度こそが、贖罪を背負ったといえるのではないでしょうか?
キリストは贖罪など背負っていません。
自分で解決しなさいといいます。
自分で巻いた種は自分でかりとりなさい。
と。

日本の天皇は贖罪を負おうとしたわけではありません。
ただ、ただ、日本国民のことを思う父だったのです。
マッカーサーが、言っていたことです。
天皇が私に会いに来たとき
私はどこの国の主席たちがしたように
天皇も自分の命乞いをすると思っていた。
ところが
天皇は
「私はどうなってもいいから、国民を助けてくれ」
と、言う。

そんな天皇を戴いている国のことを、
天皇が愛してやまない日本の子らが
大和魂をもっているということ。

ここをわからずして、
キリストがどーのとか
いうようなことを信じてしまうのは
日本人の
「良いことはうけいれていこう」
「感謝」
とか、大きな和のこころとかが
させることだと思う。

でも、憂生はこうやって、理屈をかいてみたけど・・・。

どうしても、キリストとかいうことをもちだして
教えをとこうとするのは、
いくら、本当のことをいっていても
受け付けられないで居る。

申し訳ないけど、
ライトワーカーになるのは
ご辞退しなさいよ。
そうささやいた言葉のすごさも思う。

ご立派にいろいろなされているのに、
そのお役にたてないことは申し訳ない。
やらないよでなく、
申し訳ないけど。
やらないよでなく
ご辞退しなさいよ。と、
1歩も2歩も下がった思いで物を言いなさいよと
関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2767位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。