画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議と・・

精神医学というと、大げさなんだけど
過去、いろいろと、精神的に障害というと違うな。
けど、まあ、病名がつきそうなとか、ついている状態の人と立て続けに
知り合うことがおおくなり、
どういっていいんだろう。

その多くはやはり、心霊的な世界に入り込んでいることが多かった。

憂生には、今はさっぱりだけどwww
当時、「思いを拾う」というか・・・。
そういう状況がおおくあって、
まあ、そこは、包み隠さず?ブログにあげていた。

そこに
「おまえも死んだ人間としゃべれるのか」
などというぶっきらぼうなしゃべり方で近寄ってきた女の子がいた。

まさか・・・。
残念ながら、死んだ人間などとしゃべれるわけがない。

形としては、
たとえばというか、実際にだが
「家をうらないかんなあ」
と、いう誰かの言葉が脳裏に響くわけ。

このあたりで、まず、自分の魂にごめんなさいをいっておくことと
それが、本当のこと、
魑魅魍魎や狐に化かされたとかでなく
本当のことなら、いずれ、目にみせてくるから。
と。

つまり、何かに憑依されて、それの思いをほいほいとうけとめていたら
憑依したものに魂を差配されてしまうので
うのみ、うなづいてはいけないということなのだと思う。

で、待っている?というか、忘れてしまうことのほうが多いのだけど
3ヶ月くらいすると、それが本当になる。

こんなことがいくつも続いたり、ネット知人が入水自殺しそうになったのが
なぜか、わかって、「死ぬな」と念をおくりつづけて
知人が正気を取り戻して自宅にかえってきたのもわかって
ネットチャットの前で待機していた。
それもおかしいな、もう帰ってきてるはずなのにと待っているとこが
馬鹿というか・・・ww
彼女は水びたしで帰ってきているんだから
当然、普通に考えたらシャワーあびるよなあwww
で、案の定30分ほどしたら
チャットの前にきて、今シャワーあびてた。
実は死のうかと迷って、近くの池にはいっていた。
30分くらいつかってたら、頭ひえて・・・さっき戻ってきて
シャワーあびてたんだ
と、いう。

実際、わかるわけもないのに、入水してるとわかったとき
憂生も一瞬、物の怪などにたぶらかされてるんではないんだろうか?
と、迷った。
でも、人の生死にかかわってることであり
たぶらかされたなら、
もう~~純な憂生だから~~~と笑っておわるだけ。
そう思って、信じて、必死になって念を送り続けた。
どこの人かもしらない。ネットでちょっと深めに話してた人。

まあ、そういう風なパターンがいくつもあって、
その最初に書いたお前もしゃべれるのか?の女の子はもっと前に知っていたひとだったけど・・・。

奇妙だと思った。
死んだ人としゃべれることが、ではなく
なぜ、しゃべるのか?ということに・・・。

結局、このあたりを境にいろいろ話をするようになったのだけど
その死んだ人というのが・・・
彼女の恋人で、同乗事故かなにかで彼女は助かり、彼は死んでしまったような・・・。

そこまではよかったのだが・・・。
もう、わすれて、新しい恋というか、人生再出発したほうがいいんじゃないか
う~~ん、
簡単にかいてしまってるけど、この言葉がすんなりだせるのは、
憂生の作品(ブロー・ザ・ウィンド)を彼女が読んでいたから。
このあたりはの理解は作品をよんでもらうしかないとおもうけど・・・。

ところが、彼女は憂生にそういわれた後、
恋人の墓にいったら
もうくるな。お前は自分の人生をあゆめ
と、いわれたという。

なぜか、ここで、疑問を感じた。
それは、彼の幽霊でなく
彼女の呵責が実体化しているのではないか?
と。

突然、幽霊がそんなことをいいだすのも不思議なきがした。

結局、彼女は最終的に境界認識異常とかいう病気になっていた。
自分が誰かもわからなくなるだろうと医者にいわれたという。
(この間にもいろいろなことがあったけど、どこかにかいてる)

そして、それっきりになってしまったのだけど・・・。

精神疾患のひとつに
妄想障害のようなものがあり、
時に憑依障害と診断されることもあるようだけど
もう一人の男性は躁鬱症だったとかで、
妄想というか、憑依障害というかわからないけど
たとえば、俺は安部晴明だいいだすということがあったかとおもえば
実際に不思議な能力をもっているところがあり、
ここでもいろいろ不思議なことがあったのだけど・・・。
ここは、憂生の類推にすぎないけど
犬神つきではないかと思っている。

精神疾患の中で、本当に精神疾患なのか
なにかのつき物によるものなのかは
判断しにくいところであるし、
実際、精神科の医者と霊能力者?ヒーラーとかは、
あいいいれないところがあり
そこが、ひとつに、スピリチュアル的療法に結びついていった昨今だとおもうけど・・・。

人格分裂においても、
別の自分をあるいはつきものととらえるところがある。
人格分裂においても、
自分がもう一人の自分を認めないところからも始まると思う。
たとえば、意地悪な自分がいたとき、あれは私じゃないとふさぎ(とじこめ)こめてしまう。
すると、そこで、別の人格・人間が形成されてしまう。
いじわるでもいいじゃないか。と、肯定する
とか、
なぜいじわるになってしまうのかという根本の感情を解決しない限り
別人格は統合(統一)しないだろう。

たとえば、安部晴明だという人でいえば、
ある程度の不思議な能力をもっていても
それは憑依障害だとか、妄想だとかいわれてしまえば、
別の人格に自分を置き換えたら、認めてもらえるのではないか?とか
安部晴明だといえば、納得されるのではないだろうかとか
(たとえばです)
そういう感情、認めてもらえない、信じてもらえない
と、いった感情が一気にはけ口をもとめてしまったとともとれるし
実際、彼の安定した状態。
あるいは、みとめてもらえるようになったところで
自分をとりもどしていたところに
憂生自身のある出来事を話したことがある。

その話をしてから、
自分でもしまったと思っていた。

彼の価値感をくつがえす内容だったと・・。
たとえば、彼は人にうらぎられていたとする。
そこが原因で躁鬱病を発症したとする。
そして、仮に、人間みんな弱いんだから、裏切ってもしかたがないんだな、逃げ出しても仕方ないんだなと
許すことで均衡をとりもどしていたとする。
そこに憂生がもっとひどい状況でも
裏切らない。逃げ出さない。と、いう事実を見せたとする。

たとえば、そんな風なことをみせられたら
人間みんな、弱いんだから・・という許しの前提が成り立たなくなる。

成り立たなくなったら、彼は崩れるだろうと思った。

結局、それは、あたっていた。

あくまでも、自分のつらいところを相談したかっただけだったのだが・・・。

何をいおうとしているかというと
自分の底の感情を本当の意味でクリアしてなかったというかな。

最初にかいた彼女も、おそらくでしかないが
あるいは、生き残ってしまった自分への罪悪感のようなものが
解決できず
自分を違う自分にしたてることで(一時期、男のふりとかしていた)逃れていたんだとおもう。
当初は死んだ恋人がいきてたらこういう人生?だったかなというところを
同化させて追従していたのかと考えていた。
ところが、彼女いわく、
わざとやってるのでなく、そうなってしまうという
状態で、このあたりから境界異常が認識異常がはじまっていたということがわかったのだが
それも病院にいって診断されたそうで、
おそらく、病院では彼女がなくしてしまった、なくそうとした感情(あるいは生き残った罪悪感のようなものとか)について
スポットをあてるまもなく、彼女は精神疾病に飲み込まれてしまったのだと思う。

なくしてしまったものについての喪失感もふかすぎたのだろう。

もっと、話を聞けばよかったと思う。
彼女の感情を開きだして
あなたが生きていてよかったと。
いきている価値をもっとしっかり諭していければよかったと思う。

おそらく、彼女はそういってくれる相手をさがしていたのだろう。
心底、彼女が生きてることを喜んでくれる相手をさがしていたのだろう。

それは、本当に彼女を愛してくれる人がいれば、
解決していったことなのかもしれない。

自傷癖というか、うっかりするとそれで、しにかけてしまうことさえあったある青年は
憂生にこんな話をした。

「精神病だって、愛してくれる人が抱きしめてくれたら、必ず直る」
彼の愛する人は彼をあいしていたけど
彼が最後を看取ることになった。
「俺を、だきしめてくれる人はもういないけどな」
そういってた。

こういういろんな経験?がのちに憂生をたすけてくれることになった。
亡くしてはいけない人を守ることができたのも、すべて

不思議と、こういうふうに・・
自分がつちかわれていくように、
対処できるように、差配し、鍛えてくれるものがいたとおもう。
関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3615位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。