画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりとめなく

ぬながわひめの続きをかこうと
トップにあげなおしてみたものの
やはり、書く気がわいてこない。

もともと、スランプ打破のためにかきはじめたもので、
チサトの恋とともに
知人からは
「なんじゃ、その文章」と轟々はおおげさだが
ちくちく、痛い非難?批判?をあびたwww

先日もその知人と談義していたが
「読める文章は本人の情熱がすごい」
と、いう周五郎の言葉がでてきていた。

いまさら・・・と思いながらきいていたが・・。

この何年間、書いていた中でも
「熱のこもった文章は読ませる力がある」という
MAHIRURURU・・との談義があるが
問題は技術でもなく、読解力でもない。

熱のこもったものは本自体が唸る
と、までいったこともある。

その憂生が「熱のこもらない状態」にもがくようになって
自分でいっちゃあおこがましいが
天性の文章力で(爆笑)
なんとか、作品をしあげていた。

たとえば、
壬生浪ふたり・・もはっきりいって、熱はこもっていない。

このようにかけばよいだろうという
いわば、技術力でかきおえているから
なにか、いまひとつ、自分でも真摯なものがみえてこず
テーマも非常に弱いとおもっている。

これが、出版しましょうといわれるとなると
はっきり、言って、
こっちをかもねぎにしているとしかおもえない。

問題は
「熱をこめられるかどうか」
いや、こもってしまうものであるべきだろう。

いかに文章に真摯・誠実であるかは
ここにあるとおもっている。

だのに・・・。
なにかしら、かけない。
かけないのに、かこうとしていた。

かけないなら書かない。

これも誠意であるかもしれない。

で、あるのに、
とりとめなく、
文字をかきつらねてみたいという病からは
復帰できていないようである。
関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6810位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2481位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。