画像1 画像2 画像3 画像4

以上。

メール。ありがとう。
自分に言い聞かせるためにも、
あえて、此処にかく。

簡単に言うと、
自分が守らなければならない人をまもれないような相手を好きになれない。

いろいろ、事情があって、他の人に逃げたり
他の人で誤魔化したり
こういう弱い人間とは、つきあわない。

好きという感情のなかに、
自分の理想がある。
自分にとって、本物でない人間を、好きになることができない。

だから、恋人や伴侶が居て、それでも、好きになるとしたら
その人は、必ず自分の恋人/伴侶を選んで
こっちのことは、
きちんと断る。
あえて、思いを振り切るために断りの言葉をきこうと、告白したこともある。
ただし、ふらふらうなづくような、相手に
告白することはない。
ちょっと、惹かれたで、自分の中で昇華できるから。

そんな人間だから、逆に好きで居られる。
ふら、ふら、コッチの告白に乗ってくるような人間なら初めから好きにならないだろう。

ただ、
最近はお登勢にも、書いたけど
自分がまず本物の気持にならなければ、
本物はめぐってこないと考えている。

実際問題、いろいろ、好きになった人間は多くいるけれど、/仔細は省くけど(笑)/
自分が相手に感情や、愛情をもつのと、

相手とあって、結びつく。
では、ないと、思っている。

実際問題、ある女性は
憂生のことを、非常に愛してくれているけれど
それで、あって、話すわけでなし、
彼女は彼女で
自分の中で憂生の存在をいとおしんでくれていて、
彼女の中で、/孤我/核?/として、
憂生を存在させて、自分の愛情を育んでいる。

彼女の中で尊敬する部分は
だから、憂生になにかをもとめてくるということでなく、
自分への示唆や、生き方としての支えとして、
憂生をうけとめて、
そういう形で憂生からの愛情を
本物に変えている。
その部分が彼女のすばらしさだと思う。

なれあいのなぐさめあいとか、
淋しいから誰かを思っていれば
自分が立っていられるという
こういう時期も一時は憂生側にはあった。
/と、いって、あってみたりはしていない。
まあ、いわば、こういう形での連絡方法はとっていたけど/

だけど、実際の部分。
憂生には、護りたい存在がある。
この人間とどこまで、交じり合うことができるか、どうか、わからないけど
本当にその人が好きなら
その人の生き方や考え方、思い方を
自分も同じにすることで、
その人と自分が交じり合うことが出来ると思っている。

だから、
嫌味な言い方かも知れないけれど
精神的に崇高な気持にさせてもらえない相手も
好きになれない。

程度の低いなぐさめあいや、
好きという感情をむき出しにして
相手にぶつけ、求める。
相手の程度の低さをなあなあにして、
自分の感情にまけて
お互いをつまらない位置にながしていく。

こういう相手へのある意味侮辱と
程度の低い段階に、自分を置いておく事を
嫌がる憂生が居る。

だから、妙な逃げをかましても、
絶対相手が拒む。
あるいは、拒む相手に逃げる。
/上の理屈・・と、一緒/
そして、多少の自分の覚醒。
覚醒により、思いがかわると、
なぜか、物事が急変直下・・良いほうにすすんでいく。

まあ、いずれにせよ、
自分の感情がふっきれないと、
どうにもならない。

ただ、きがついた時に自分に嫌気が差す。
いろんな見方がみえてくるから、
今度は自分の生き様にじぶんでもがく。

その時に憂生のこの文章を思い出してくれると良い。

誰でも、失敗やあやまちはある。
こんな風に憂生が孤高をもとめるようになった裏側にはそれなりの失敗やどろどろの人生があったから。
いつか、自分の生き様が自分の肥やしになったとおもえるようになってくれればいい。

修羅の道におちていかない事をいのっているとともに、
その沸いてくる感情が、あるいは、かなり低い・・もっと、深いところ/過去の子供のころの愛情不足とか/こういう部分に根ざしているなら
まず、そこをよくおもいだしてみることをすすめる。

本当の愛とは、なにかの代償感情じゃないという事。

白蛇抄にもかいたけど
さみしいから・・と、その心を満たそうとしないこと。
淋しいまま、その風にふかれっぱなしの強さをもたないと結局同じ程度の人間にしか、めぐりあえない。

以上。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10063位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3221位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク