画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇気比(誓約)


以前にも掲載していたのであるが・・・・・。


もうすこし、まとめてみたくもある。


北陸、敦賀に気比神宮というのがある。


これは、宇、気比(うけい・誓約)ではないかと思っている。


宇は宇宙などでもわかるように、広大な広がりである。


また、若狭地方に宇波西神社というのがある。

この名前の由来

宇が波にのって、西からやってきた、ことに由来する。


宇は神(あるいは、尊い人)のことをさす。


気比神宮にもやはり菊の紋がかかげられていて、

祀り変えがあったことをうかがわせる。


では、この地でかりに、神の気を比べるがごときの

誓約があったとしたとき、

それは、誰と誰であったのだろう?



神宮の様相もかなり古く、本殿には千木がみあたらない。


このあたりも、実はきになっている、


千木をかかげさせたのは、ひょっとすると、大和朝廷がわか?と・・。


出雲大社は国津神の様相である。


元々はおおわだつみをまつっていたとされる神社である沼前神社(鞆)は

神功皇后が新しく航海の安全を祈りたてたものだそうであるが、

これは、国津神の様相である。


おかしいなと思った。

目的が守護のためであり、天意でないから、

国津神の様相になったのかもしれないが、

おおわだつみなら、天津神の位置にいると思う。

いざなぎ、いざなみなども天津神の千木であったとおもう。


と、こうかんがえていくと、

千木をつけていったのは大和朝廷がわではないかとさえ思える。


神社のつくりがちがうためか、千木をかかげてないものもおおくある。


気比神宮もなかったと思う。


これは、大和朝廷がわの祀り変えの手がそこまでは回らなかったせいとも考えられる。


と、なると、

かなり、古い、いわくがあってもおかしくない。


丹後だったかに、こも(変換しない、草冠に龍の字)神社があるが、


抜粋

神社の由緒・由来

神代と呼ばれる遠くはるかな昔から奥宮真名井原に豊受大神をお祭りして来ましたが、その御縁故によって人皇十代祟神天皇の御代に天照大神が大和国笠縫邑からおうつりになって、之を吉佐宮(よさのみや)と申して一緒にお祭り致しました。その後天照大神は十一代垂仁天皇の御代に、又豊受大神は二十一代雄略天皇の御代にそれぞれ伊勢におうつりになりました。それに依って當社は元伊勢と云われております。両大神が伊勢にお遷りの後、天孫彦火明命を主祭神とし、社名を籠宮(このみや)と改め、元伊勢の社として、又丹後国の一之宮として朝野の祟敬を集めて来ました


主神* 彦火明命(ひこほあかりのみこと)

亦名 天火明命・天照御魂神・天照国照彦火明命・饒速日命、 又極秘伝に依れば、同命は山城の賀茂別雷神と異名同神であり、その御祖の大神(下 鴨)も併せ祭られているとも伝えられる。尚、彦火火出見命は、養老年間以後境内の別宮に祭られて、現今に及んでいる。彦火明命は天孫として、天祖から息津鏡・辺津鏡を賜わり、大和国及丹後・丹波地方に降臨されて、これらの地方を開発せられ、丹波国造の祖神であらせられる。


気比神宮に非常に近い場所である。とも思えるし、

伊勢に帰るルートの途中に気比神宮があったと思う。

実際、今に残る道を考えても

丹後から若狭にぬけ、敦賀から山越えをして伊勢に抜けるが

最短距離だと思う。


さては、にぎはやひが、アマテラスと宇気比をしたか?と、おもわぬでもない。

どちらが本当に日本を統治する人物かと。


が、由緒をかんがえるとどうも違う。


しかしながら、丹波に降臨したというのであれば、

もっと、それ以前に宇気比があったとも考えられる。


仮に一人はにぎはやひであったとする。


もう一人はだれだろう?


ここで、ふたつの想像がわく。


ひとりは、スサノオ。

やまたのおろち退治であるが、このやまたのおろちは

越の国からきているとの記述がみうけられる。


やまたのおろち(九頭竜族)を平定していったスサノオが

北陸からひきあげてきて、若狭と北陸の境目である敦賀で

にぎはやひと衝突した。


そこで、宇気比にあいなる。


おそらく、スサノオが勝ち、このあとか、このまえからか、日本はほとんどが、

スサノオの勢力下になっただろう。


つまり、天孫であるにぎはやひと宇気比してスサノオが勝ったということは

古事記の記述でいえば、スサノオこそが正統な統治者ということになる。


これは、大和朝廷がわにはまずいでしょう。


そこで、祀りかえをおこなったり、スサノオとアマテラスの誓約に話をすりかえ

場所もにぎはやひから遠くはなれたところにする。

うがってみれば、宇気比神社だったのかもしれないところの

宇をけずってしまったのかもしれない/笑

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
6326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2306位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。