画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やまたのおろち・・・である。

最近はちこっと、神話にこっている。

で、
ま、荒唐無稽の話・・ままに・・・。

やまたのおろち・・・である。
八つの又・・。
やまた・・・だけでは、
それが、たとえば、首でなくても、
尾でも、かまわない。

と、こうなる。

ところが、このやまたは・・・。
頭・・が八つあるということで、
頭がやっつあれば、当然・・首も八つある。

又というのであるから、
この又は首を意味すると思う。

例えば、頭なら九頭竜
尾なら、九尾狐。
のように、
八頭のおろち。
と、書くべきである。

首。
つまり・・・胴と頭を繋ぐもの。

その原初的なものが・・・
母体と胎児をつなぐ、へその緒。

こう考えると

八又の緒・・と、考察できる。

やまたのおろちが完全なる悪玉?であるのなら、その体内にあめのむらくも剣を囲うことなどできない。

剣というものものは、霊長的な示唆がある。
たとえば、剣山・・。
修験道の本拠地ではなかったろうか?

で、はなしを戻して、
八又の緒・・こう解釈すると
あとの、ろち・・・の意味が納得できなくなる。

ところが、仮説・・/元々仮説/妄想?
で、しかないが、
ろの字は呂の字があてはまる。
呂の意味は口ノ口というくらいだから・・・。
たとえば、口がよく回る。
回るの解字も口の中に口であるが・・。
ろくろ・・にしろ、
船の艪にしろ、ひとつの支点をもとにして、
くるくる回る。/働きがある/

その支点が、ちの字になる。
ちは地である。
地に足をつけて、などというように
支えの基である。

人間?でいえば、この地は血/思い/憂生の専らの解釈・・思いは血に溶け込む・・・白蛇抄参照/に、相当する。

という事は、
剣というやまたのおろちの芯・・これこそが、
本来のやまたのおろちの本性で、
ここから、血をめぐらせ、
やっつの岐路があるという暗示のように、思える。

さらに言ってしまえば
八という文字の解釈も幅広い。
末広がりという文字の形さながら、
∞の物事や多すぎるものについて、
八の字がよく使われる。

八百万の神
八百八町
嘘八百
手八丁口八丁
などなど、例をあげればきりがない。

やまたのおろちの解意をこうとると、
次に思い浮かぶのがやたがらすである。
これは、足が足首が八又だったか?

剣の神聖な血を受け継いだ岐路?は次に
やたがらすになっていくと・・・。

そう考えると他のぼうだの岐路はいったいどうなったか・・・。
一番濃いおろちの血をわかした元の剣の行方を考えると本体が皇族の守護になったのであれば、皇族の思いである万人への祈り。
この加勢に加わったにちがいないと思う。
やたがらすも、武運の不安を打ち消す象徴になり、天皇、万民ともどもを加勢したといえる。

はたして、八はどうなったのか・・?
ふと、八宇一絃?などとおもってしまう思想体系なのであるが・・。

だが、なぜに、やまたのおろちが、
あめのむらくものつるぎを体内にもっていたか・・・。
これは、蛇というものが、万物創世の始祖・・あるいは、大地そのものであるという古代の
考え方がある。
こうかんがえると、わかりやすいものがある。
いわば、やまたのおろちはパンドラの箱。
悪い者達がでていったあと、
さいごには希望が出てくる。
これが、あめのむらくものつるぎ。

そのあめのむらくものつるぎというものも、
実は天の群雲・・月日を隠す・・群雲であるという解釈が成り立つ。
すると、当然、これをのみこんでいる、おろちは、群雲の如きの悪行をおこなってもしかたがない。

ところが、このあめのむらくもの剣は
馬鹿とはさみも使いよう。
この剣をはらう・・事で
天の群雲をはらえるという術を持っている。
だが、おろちが剣をわが体内でふっても
いっこうに天の群雲は収まらない。
かわりにといってはなんだが、
地上のおろちが剣をふるわけだから、当然、地上に置いて、雨の群雲現象がおきる。
結果、雨が降る。
こんなわけで、龍神や蛇神・・おろちの末裔?は、雨を降らせる神にまつられる。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
10936位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
3867位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。