画像1 画像2 画像3 画像4

いたみわけ・・・・。  

やまだちゃんもちゅらら も歯医者さんかい。

憂生はちょっと思い出しちゃったことがある。

ずいぶん、昔。

ものすごく歯が痛くて歯医者に行った。

ところが待合室は満室。

順番はなかなか来ない。

なのに、うずく痛み。

痛くて立っているのが精一杯なのに、

けろっとした、人間が座席を占領してる。

座りたい。

憂生ってしょうもないよな。

なさけなくも、座ってる人間を逆恨みする気分。

でも、しょうがない。

じっとたってた。

ふと、わいてきた思いがあった。

「自分でよかった」

これがもし、ほかのひとだったら。

「自分でよかった」

たってられる。

辛抱してられる自分。

なんか、うまくいえないけどさ。

「自分でよかった」

***昭和天皇のエピソードにもそんなせりふがあった。

外国の主賓を招いての晩餐会、

料理の一つに爪楊枝をぬきわすれたものがあった。

それが昭和天皇の所に運ばれていた。

あとで、料理長は天皇陛下に呼ばれる。

事情をそっと知らされていた料理長はどんなにしかられるかと覚悟して陛下の前にたった。

すると・・・。

「爪楊枝をぬきわすれていたのは、ひとつだけですか?」

間違いなくそのひとつが天皇陛下の元に運ばれていたのである。

はいと答える料理長に陛下がいった。

「ああ。私のところにきたのですね。

わたしでよかった」

他の方のところにいってなかった。

他の方の所に行ってなかった。

私でよかった。

一種、マイナス方向であるが、こういう喜び方もある。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
4895位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1806位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク