画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郷紳

過去、5回ほど、(最初は身体のぐらぐら感今は頭上チャクラの反応)幻惑感のようなものを

よく、かんじたのですが、

そのうち、3回は相手の魂のようすがわかり、なにかつたえました。

もう一回は直接あっていたときだったので、

本人にじかにはなしていたせいか、魂のようすはわからず、

話すのにまようと、「いいから、いってやってくれ」とか、という思いが

頭上チャクラのしびれ?とともにありました。

あとの一回は、

かなりのところまで、はなしたのですが、

届かないというか・・。

この人は、なにげない一言で、(子供に雨ふらせようかな・・とか)雨がふってきてしまうという人で

先の白蛇神の写真を撮った人です。

どうしても、ぐらぐらするので、原因をさぐって?みたり。

キリスト教徒なので、

ー憂生のこと、キリストにいのってない?いのっていたら、やめれ~~-

と、いってみたら、

前はいのっていたけど・・もうやめた。

で、相手はキリストかよお・・・・。

まあ、無理でしょうね。

洗礼もうけてるとのことで、御霊とキリスト。親子の契約?をむすんでしまってるわけです。

本来、自分と御霊の契約(契約というのも変なのですが)のところに

キリストをいれてしまってるのですね。

でも、キリストが憂生を怖がる?というのは、いくらなんでも、

おかしいでしょう。

全キリスト教徒を愚弄する気かということになりますので、

ここは、もういちど、かんがえなおし。

ましてや、状態がおかしいことになっているわけです。

(精神的にも)

キリストがいて、こうなるのもおかしいと。

で、なにか、違うものがあるのではないか?

と、おもっていたら、

ー明日、わかるーと、またも、誰かがつたえてくるのです。

それで、次の日になったら

自分は催眠なんちゃかで、過去をみてきたとかいう話がでてきて、

山の中で白い大きな犬といっしょに、兄弟のようにくらしていた。

と、いうわけです。

そして、彼の妙な能力。精神状態。あっというまに巨万の富を集めるかと思えば

精神的疾患で、つかいはたしてしまう。

精神状態もいわゆる、犬神憑きのような・・。

彼のルーツをたぐっていくと、犬神の本拠地で、実際に山の中でくらしていた。

と、いうことなのですね。

これを犬神憑きときめつけるのは、大胆すぎると思い、

憂生は

まず、犬神をしらべはじめ

ひとつの物語の中でとらえてみようとおもったのが、

白蛇抄第17話。-銀狼ーだったわけです。

まだ、続きがかけてないのですが・・。

現在、彼の状態は快方にむかっているようで安心しているのですが、

このあたりのことを、本人につたえてみたいと思っていたのですが、

調子をくずしてしまったのです。

が、本人はこの物語を読んでくれたようで、

犬神というものを認識できれば、

逆に犬神を解放していけるかもしれないとも思っています。

これは、やはり、DNAの中のことなので、

自分でのりきるしかないのだろうなあ。と、いうきがしてます。


関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7704位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2860位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。