画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思うままに・・6

霊能力者に相談をするのが悪いことなのか。

と、いうことを書いていらした方がいたので

憂生の聞き及んでいることを書かせてもらいます。

まず、

単刀直入にいうと

「悪い」なのです。

理由は、簡単です。

霊能力者は霊を使うわけですが

このとき、霊が魂に穴を開けてしまうそうです。

何度もそれを繰り返すと、魂がぼろぼろになってしまい

最後には、体をこわしたり

頭がおかしくなったり・・するそうです。

つまり、

霊能力者に相談すると、

霊能力者の魂をぼろぼろにさせる手伝いをしてしまった。

と、いうことになります。

これは、自分さえ助かればよいという行動を行っている。

と、いうことになります。

また、何度も繰り返していますが

霊などからの障害

こういうことがおきることは、自分に元があり

そこに同調してくることが多いわけです。

人生での困難もそれを乗り越えることで

たとえば、因縁を納所するなど

見えないところで救われるということもあるわけです。

ここを考えると、簡単によくなってしまうやりかたで

事態が好転するばかりが良いことではないというのもあります。

方程式を解くのに、手順こそが大事で

そこがわかれば、応用がきくということもあります。

困難をのさり(神の試練とでもいいましょうか。)とかんがえていくか、

霊能力で試練を回避するか。

どちらが自分のためになるか。

と、いうことです。

また、誰にも話せない悩みというのも

憂生にはすこし、わかりにくいことです。

憂生も実際、誰にも話せない悩みを抱えています。

ですが、これを話したら

聞かされたほうがしんどい、辛いということ、

かかわる人間のプライバシーの問題にもなります。

だから、話さないのですが

話さずにやってきた部分で

自分の強さみたいなものが身についてきました。

また、自分にしかわからないということは、

自分で答えを見つけていくしかないということです。

こういう部分で

霊能力ではない不思議な顕示をみせられたり

魂がちゃんといるのだということも

実感しました。

だからこそ、

霊能力者の魂をぼろぼろにしてしまう手伝いをしては

自分の魂に悲しい傷をいれてしまうということになるのではないかと思います。

あくまでも、憂生個人の考え方です。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5222位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1885位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。