画像1 画像2 画像3 画像4

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンジェイ・ワイダ


アンジェイ・ワイダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アンジェイ・ワイダ
Andrzej Wajda
2006年、ワルシャワにて
2006年、
ワルシャワにて
生年月日1926年3月6日(83歳)
出生地スヴァウキ
国籍ポーランドポーランド

アンジェイ・ワイダヴァイダ[1]: Andrzej Wajda1926年3月6日 - )はポーランド映画監督

目次

[表示]

経歴・人物 [編集]

1926年、ポーランド東北部のスヴァウキで生まれる。父はポーランド軍大尉で対独戦中にカティンの森事件に巻き込まれて亡くなる[2]。青年時代に、浮世絵をはじめとした日本美術に感銘を受け、芸術を志す。第二次世界大戦中は対独レジスタンス運動に参加した。

1946年クラクフ美術大学に進学するも、その後進路を変え、ウッチ映画大学に進学。1953年、同校を修了。

1954年、『世代』にて映画監督デビュー。1956年の『地下水道』がカンヌ国際映画祭審査員特別賞に輝いた。

1958年の『灰とダイヤモンド』で、反ソ化したレジスタンスを描き、象徴的表現を多用した鮮やかな描写は西側でも高い評価を受け、ヴェネチア国際映画祭批評家連盟賞を受賞した。これら三作品は、ワルシャワ蜂起時のレジスタンスや、戦後共産化したポーランド社会におけるその末路を描いており、”抵抗三部作”として知られている。アンジェイ・ムンクイェジー・カヴァレロヴィチらと並んで、当時の映画界を席巻した“ポーランド派”の代表的存在となる。

1981年、『鉄の男』でカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞した。しかし、ポーランドの“連帯”運動に参加したため、同1981年に引かれた戒厳令で、ポーランド映画人協会長などの職を追われ、フランスなど海外での映画制作を余儀なくされる。この時期に製作されたのが『ダントン』(1983年)、『ドイツの恋』(1983年)である。1985年、『愛の記録』にてポーランド映画界に復帰している。

1987年京都賞思想・芸術部門)を受賞[3]。賞金の4500万円を基金として、クラクフに日本美術技術センターが設立された。

1992年の『鷲の指輪』で再びワルシャワ蜂起を問い直すなど、現在も鋭い視点に立った作品を作り続けている。2000年、世界中の人々に歴史、民主主義、自由について芸術家としての視点を示した業績により、アカデミー賞特別名誉賞を受賞している。

映画とともに、演劇活動も盛んに行っている。1988年には、坂東玉三郎主演の『ナスターシャ』にて舞台演出をつとめた。この作品は、ドストエフスキーの『白痴』を舞台化したもので、1994年には、同じくワイダ監督、坂東玉三郎主演にて映画化されている。

監督作品 [編集]

  • 世代 Pokolenie(1954)
  • 地下水道 Kanał(1956)
  • 灰とダイヤモンド Popioł i diament(1958)
  • ロトナ Lotna(1959)
  • 夜の終りに Niewinni czarodzieje (1960)
  • シベリアのマクベス夫人 Powiatowa lady Makbet(1961)
  • サムソン Samson (1961)
  • 二十歳の恋 L'amour à vingt ans(1962)
  • Popioły (1965)
  • The Gates To Paradise (1968)
  • すべて売り物 Wszystko na sprzedaż (1968)
  • 白樺の林 Brzezina (1970)
  • 戦いのあとの風景 Krajobraz po bitwie (1970)
  • Piłat i inni (1971)
  • 婚礼 Wesele (1972)
  • 約束の土地 Ziemia obiecana (1974)
  • Smuga cienia (1976)
  • 大理石の男 Człowiek z marmuru (1976)
  • Bez znieczulenia (1978)
  • ヴィルコの娘たち Panny z Wilka (1979)
  • Dyrygent (1980)
  • Z biegiem lat, z biegiem dni (舞台作品,1980)
  • 鉄の男 Człowiek z żelaza (1981)
  • ダントン Danton (1983)
  • ドイツの恋 Un amour en allemagne (1983)
  • 愛の記録 Kronika wypadków miłosnych (1985)
  • 悪霊 Biesy (1988)
  • コルチャック先生 Korczak (1990)
  • 鷲の指輪 Pierścionek z orłem w koronie (1992)
  • ナスターシャ Nastasja (1994)
  • 聖週間 Wielki Tydzien (1995)
  • Panna Nikt (1996)
  • パン・タデウシュ物語 Pan Tadeusz (1998)
  • Zemsta (2002)
  • カティンの森 Katyń (2007)・・・・カティンの森事件について描く。ワイダの父親もこの事件で虐殺されている。
関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
5682位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2039位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。