画像1 画像2 画像3 画像4

傷だらけの男達


男の自慢話。
この言葉から
二つの
映画を思い出す。

一つは。
リーサル・ウェポン

犯人との格闘などによる
傷跡を自慢する。
だが、負けじと自慢を繰り広げる
相手が女性であるので、
男の自慢話と言い切れない。

むしろ、
この後の二人の会話のほうが
純然たる男の
自慢話といえるだろう。

「さて・・・七回の裏に・・いくか」
ってのだが・・・・。
お二人がどういう格闘をなさってるかは
想像に任せるが。
念のために言っておくが
野球ではない。
だいいいち、野球では人数がたりない。

で、もう一つの映画というと・・・。
最近、見たばかりなので、
記憶が深い。

ジョーズである。

うつぼに噛み付かれた。
さめに食いつかれたと。
キズをみせあい、
勇猛果敢ぶりを
アピールしまくっていたのであるが、

胸をさらけ出した男

「コノ・・・傷が一番大きい」

が、胸には金色の胸毛が生えているばかりで
傷跡らしきものが見当たらない。

すると、男は言ったもんさ。

「マリーにやられた」

何処が自慢だといいたいかもしれない。

振られたことを暴露してるだけじゃないか、と。

だが、キズの深さが獲物の大きさである。

彼はとてつもない大物と格闘した勇気ある覇者であったのだ。

究極・・・。
男の自慢は獲物をゲットしたことでなく
どんな格闘をくりひろげたか、
と、いう事になる。

その格闘のさまをにおわすに
「7回裏」「一番大きい傷」
コレは
見事と言ってもいいかもしれない。

関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
7756位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
2500位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク