画像1 画像2 画像3 画像4

猫やん

憂生がよく行っていたブログのそのプロフィールに

「男なら損をとれ」

って、言葉を掲げていた人がいて、

憂生はいたく感銘をうけて、

読者にさせてもらった。

この言葉ににたような感じなのが、

「負けるが勝ち」

というのがあるが、どこか、負けたという結果にたいしての

なぐさめのように聞こえる。

「男なら損をとれ」

と、いうのは、あえて、負け(とは、ニュアンスが違うが)のほうをえらぶという主体性を感じる。

まあ、憂生がこういう言葉を掲げる人に感銘をうけてしまった裏側に

又、少し違う言葉があったから。

「負けて喜ぶ人になれ」

こうだったと思う。

一方で憂生の中に

「できぬ堪忍するが堪忍」というのがあって、

説明いる?

とてもできそうもないような堪える。を、やってのけてこそ本当の「堪える」だ。

みたいな・・。

ん。

で、この言葉って、どこかで、それをしてこそ「勝ち」になるというニュアンスがあるきがする。

どこまで自分の懐が深いかってことになって、よし、自分、よくやった。

というまあ、できた自分をほめるみたいな「勝ち」組根性があったと思う。

「男なら損をとれ」も「損を取れる自分が勝ち組になっている」という自分の決め事の中では、「勝ち」に成ってると思う。

ところが、

「負けて喜ぶ」と、いうのは、はて?

極端にいえば、自分ぜんぜんだめじゃんかというのが、負けだろう。

これを喜ぶというのだから

憂生の頭では「だめじゃんの自分とわかってよかった」くらいしか、おもいうかばない。

何かが足りてないから負ける。

負けるとはそれをしらせてくれたということだろう。

負けなければなにもきがつかずにおわってしまう。

負けによって、自分のたらなさにきがついていける。

こういうことだろうか?

実際の意味合いはわからないが、

今日、猫たちをみていた。

父ちゃん猫をおもちゃであそんでやっていると

子猫(兄)がやってきてよこわりして遊びだす。

すると父ちゃん猫はすっとその場を離れる。

子猫(兄)が遊びだしてるところに

弟猫が横はいりしてくる。

今度は兄猫がすっとその場を離れる。

いじけているかのような

負けているかのようにみえなくもないが

体の大きさからいうと

父⇒兄⇒弟という順番で小さくなってくる。

喧嘩でもしたら当然順位同じく弟はみそっかすもいいところだ。

それを見ていて

「ああ、強いものが引くんだなあ」と、おもったわけだ。

勝ちを譲れるというのは、

自分が負けることができるというのは

強いからこそできる。

負けることができる自分は実は強いということになる。

強い人なら負けて悔しいなどとおもってはいないだろう。

猫もおもってないだろう。

おそらく、

負けて悔しいとおもうことこそが、本当の負け組なんだろう。

負けて喜ぶ人は

抽象的ないいかただが本当に強い人からできること。

負けて悔しいでは、

根性まで負け組になってしまって、それはいけまいて。

どう考えれば喜べるか。

負けたときほどかんがえなきゃいけない。

猫は負けてよろこんだかどうかはしらんが

強者の理論、そのまま

負けてみせる。

人間くらいくやしいのかなしいのという動物はいない。

猫は誰にも教えられず、わずかな大きさの差でしかないのに

どうして自分のほうが強いとわかるのか不思議である。

人間には自分のほうが強いという判断がつかないんだろうなあ。

だから、悔しくなったりして、喜ぶ自分になっていかなきゃならなくなる。

猫はなんも考えてる様子はない。

すっと自然に行動しぐちゃぐちゃ思うこともなさそうだ。

自然(自然体)ってのはこういうものなんだろうなっておもったりもした。



関連記事

コメント

非公開コメント
 INDEX    RSS    管理

猫・追加中

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

作品集(アルバム仕立て)

カテゴリー

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
4895位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1806位
アクセスランキングを見る>>

ブログ村

訪問者様

ページランキング

ブログパーツ

IP検索

全記事表示リンク